selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1539

2019.11.13

ファイル 1628-1.jpgファイル 1628-2.jpgファイル 1628-3.jpgファイル 1628-4.jpgファイル 1628-5.jpg

猫の捜索・安否確認などで足元が悪いために徒歩で移動しました。台風から一ヶ月が経過しても、いっこうに水が引かず踏み込めない所がまだ結構たくさんあります。こんな台風は今回が初めてです。

延々と歩いているうちに運よく生き延びることのできた猫と出会いました。近くにはおぃちゃんがきれいに洗ったと思える食器が3枚並べて置いてありました。ちゃんとフードをもらっているようです。おぃちゃん達も生活を立て直すために日々大変で余裕などは全くありません。
ガレキを拾い集めて小屋の資材として利用する方もいます。少しずつですが真新しい小さなテントが張られていますが、これはあくまでも一時的な雨露凌ぎの臨時のテント。実際に雨でも降れば、その雨音がうるさくてとても眠れるものではないでしょう。

先日、手持ちのテントが無くて困っていた方3名に各自お気に入りのテントが準備できるよう支援金をお渡しすることができ、猫のフードといっしょに差し上げました。

一方、簡易のテントなどで河川敷の川べりに戻っている方はまだ一部です。その多くはそれぞれですが、土手に置いたリヤカーや自転車などにブルーシートを張り、そこで夜を明かしている人もいます。
個人差はあれ、こうした台風やゲリラ豪雨などの被害の場合は復旧するまでに大体3ヶ月を要します。めっきり寒くなるお正月過ぎくらいまではかかるでしょう。
そうなるまでは猫も落ち着けません。

コメント一覧

ソマトラタマ 2019.11.15(金) 11:10 修正

一ヶ月経ってもこのような惨状なんですね。
言葉もありません…。

早く皆さんの暮らしが落ち着く事をお祈りするとともに生きている猫ちゃん達も早く帰ってきてほしい!!!

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー