selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1796

2021.10.18

ファイル 1909-1.jpgファイル 1909-2.jpg

久々にバークレイ&フウカのおぃちゃんの所に出向きました。2匹は変わらず元気で過ごしています。ここ最近は寒くなったのでおぃちゃんは明るいうちに猫が出入りしている猫専用のテントの中に毛布を敷きつめて温かく過ごせるように工夫していました。夜は2匹ともおぃちゃんと寝ます。

まめによく動くおぃちゃんですが、日雇いの仕事がそこそこ忙しく「少しはましな正月が迎えられそうだ」と笑います。好きな山登りはこれからが紅葉の季節なので、それをとても楽しみにしているようでした。
去年あたりからこの場所に居ついている老猫のボス(♂)は今日もまた姿が見えませんでした。

保護ねこのミツ(♂)は今夕息を引きとりました。
多摩川で長きを過ごし、保護したときには全身疥癬という珍しい症状でそのダニを死滅するために病院の隔離部屋で実に長期間の治療を受けていたものです。大食漢でいつもこんなに食べる猫は見たことがないと思えるほどでした。
多摩川では食べ物に厳しかった時期も多々ありましたが、我が家にきて2年余りは常にお腹一杯食べてくれました。多摩川にいるときからなかなか威勢のいい猫でしたが、かなりの年齢ではないかと思えます。

コメント一覧

ぷくりん 2021.10.19(火) 18:12 修正

ミツちゃん、虹の橋に旅立たれてしまったのですね。
でも、美智子さんにたっぷりの愛情こもった看護をしてもらい、
幸せな最後であったと思います。心よりご冥福をお祈り致します。
せめてライチャちゃんだけでも、頑張って元気になってくれるといいですね。

多摩猫たちのお世話に加え、お家の具合の悪い子たちの
お世話まであって、息つく暇もない毎日かと思います。
どうぞお身体だけは、お大事になさって下さい。

みいじろう 2021.10.20(水) 13:04 修正

ミツ、おつかれさま。重い病気ばかりを幾つも抱えて、
しんどかったね。えらいね。小西さんちにやって来て、ごはんをいっぱいもらえたんだね。

猫の最後が近づいてるときを、何度か見てきたけれど、
内蔵が機能しなくなっていく苦しさを、自分は未だよくわかっていません。多摩川時代のミツは威勢がよくて、食いしん坊。このことを知って、なんだ少しホッとしました。

絶え間ないお世話の日々の中でのご報告、ありがとうございました。

七海2018 2021.10.20(水) 22:05 修正

ミツちゃん、虹の橋に旅立ってしまったのですね。
多摩川で必死に頑張って生きてきて、その後、小西様のお家で暮らした2年余りは
美味しい物を沢山食べて、小西様ご夫妻の愛情に包まれて幸せだった事と思います。

ミツちゃんのご冥福をお祈り致します。

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー