selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1898

2022.06.20

ファイル 2027-1.jpgファイル 2027-2.jpgファイル 2027-3.jpgファイル 2027-4.jpg

飲物や日用品を配りながらトラ(♂)のおぃちゃんと会いました。金属などを回収しているおぃちゃんは最近はなかなか出物が手に入らないようで「さっぱりだね」と凹んでいました。
しかし、それでも塞ぎこむことなくいつも笑顔を忘れないで生きていけるのはトラ・チビ・ポンの3匹の猫がいるからだと思います。

今日は地面から湿気が立ち上がるほどに蒸し暑い日で、チビとポンはどこか涼しい場所に身を潜めているようで姿は見えませんでした。

しばし移動してマダラ(♀)の所にも立ち寄ってみました。去年、立て続けに行方不明になったままの仲間のキン(♂)・イイチコ(♀)・シロクロ(♀)がいなくなって寂しくなって久しいなか、変わらず元気に過ごしておりました。
人恋しいマダラはそばに信頼のできる人がいる限りその場を自ら離れようとはしません。立ち去ろうとすると後を着いて来るのでタイミングを見計らうのがなかなかのものです。
今の河川敷のあちこちではヒルザキツキミソウが咲き乱れてとてもきれいです。

我が家のカミさんも変わらず忙しい日々を送っています。毎日の場所では2匹の猫がまた新たに捨てられたようで、まだその環境に慣れないままパニックになっているようで、他の猫もいることからその時々の状況によっては給餌するにあたり大変に気遣っている(気の毒なのは猫のほう) ようです。
また、子供や若い人などが突然猫のいる草むらの中まで走って来たりするので、また最初から猫がある程度落ち着けるまでそれなりの時間の経過が必要のようです。

先日はまたカミさんが保護ねこのアン(♀)を病院に搬送しました。元々アンは好酸球菌の持ち主で不治の病でしたが、去年あたりから膀胱に石が結石があるようで、それを散らすよう治療・食事療法を続けていますが、検査の結果はまだ結石があるとの事だったそうです。
虐待により排便の自由が利かなくされた保護ねこライチャ(♂)の介助や掃除も手間がかかるので目覚めたその時から夜間までもずっとそのケアに追われています。

コメント一覧

ねこ 2022.06.22(水) 12:39 修正

人恋しいマダラちゃん、立ち去る時に後を着いて来るというのが切なすぎます。

家に迎え入れられればいいのだけど・・・。

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー