selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

お知らせ

2019.11.29

ファイル 1634-1.jpg

週刊 金曜日 11/29発売 1259号
猫とおぃちゃんの日々の暮らし・・・小西 修
          編集後記・・・秋山 晴康

「カレンダー2020」について

2019.11.06

多摩猫カレンダー2020の「ご注文メール」は10月29日をもって締め切らせて頂きました。

10月29日以前に「ご注文メール」を頂いている方については11月12日までご入金をお待ちしております。

11月13日午前0:00の時点でご入金が確認されない場合はキャンセル分と判断させて頂きますので、何卒よろしくお願い致します。

「カレンダー2020」のご注文受付を締め切ります。

2019.10.29

★ 限定「多摩猫カレンダー2020」のご注文が一気に殺到致しまして、これにて いったんご注文の受付はストップさせて頂きます。

ご注文メールを頂いていても必ずしもご入金があるとは限りませんので、早くからご注文メールを頂いておりましても『 カレンダーのご予約 』とはなりません。ご入金を確認できた方から順次発送手続きをとっており、在庫が無くなりしだい販売終了とさせて頂きます。

今現在ご注文を頂いている方の中で、在庫が無くなり、ご入金が入れ違いになった場合はご返金させて頂きます。

〇 尚、キャンセル分などが発生した場合は改めて販売を再開いたします。

何卒、ご理解ご了承をお願い致します。

多摩猫カレンダー2020の在庫状況

2019.10.27

カレンダー(A4中綴じ)¥1.600(送料サービス)の在庫について。

まだ部数に多少の余裕がありますが少なくなってきました。ご希望の方はお早めに・・・①ご注文メール → ②ご入金(銀行振込 or 郵便振替) をお済ませください。
尚、ある程度のまとまった部数をお求めの方にはご希望の数を揃えられない可能性もあります。ご理解、ご了承をお願い致します。

★ご注文メールはこちらから。
http://www.kabuto.tank.jp/cgi-bin/mart/mart.html

ご注文メールからお入り下さい。
ご入金方法は「銀行振込 」or「 郵便振替 」です。

ご注文メールを送信されますと、自動的に注文の返信メールが届くことになっていますが、ごくまれにP C 環境の相違・他の原因により届かない場合もあります。その節はH P の通常(お問い合わせ) メールにて「届いていない」ことをお知らせ下さい。

カレンダーご希望の方は「ご注文メール」の後にご入金下さい。尚、ご注文メールを戴いていても必ずしもご入金があるとは限りませんので、ご注文メールは「カレンダーのご予約」を意味することにはなりません。ご入金を確認できた方から順次発送手続きをとり、在庫がなくなり次第「販売終了」とさせて頂きます。

郵便振替の場合はご入金確認まで2日間(日・祝除く)を要します。
また、手書きで振替用紙にご記入の場合は楷書でていねいに大きく分かりやすい文字でお書き下さい。
くずした文字や不明瞭な文字は判読できず、後々の確認連絡作業などに数日かかる場合、もしくはご購入が成立しない場合もあります。

何卒よろしくお願い致します。

多摩猫カレンダー 2020 " 限定販売のご案内

2019.10.08

ファイル 1608-1.jpg

例年より約3週間制作が遅れましたが、只今『 多摩猫カレンダー2020 』 ( A4中綴じ) 販売中です。 ¥1,600 (税込・送料サービス)

表紙「ヒャナナ(♂)」・コメントのページ「ツート(♂)」・1月(パスタ,♂)・2月(チーチ,♀)・3月(♀,♀)・4月(ミー&タカ)・5月(ミケ,♀)・6月(♀)・7月(チャトラン,♀)・8月(♂)・9月(ペケ,♀)・10月(チャチャ,♂)・11月(♀,♀)・12月(トラ,♀)

売上の100%が多摩川で辛い思いをしている犬猫の救済基金になります。

★ご注文メール
http://www.kabuto.tank.jp/cgi-bin/mart/mart.html

ご注文メールからお入り下さい。
ご入金方法は「銀行振込 」or「 郵便振替 」です。

カレンダーご希望の方は「ご注文メール」の後にご入金下さい。尚、ご注文メールを戴いていても必ずしもご入金があるとは限りませんので、ご注文メールは「カレンダーのご予約」を意味することにはなりません。ご入金を確認できた方から順次発送手続きをとり、在庫がなくなり次第「販売終了」とさせて頂きます。

郵便振替の場合はご入金確認まで2日間(日・祝除く)を要します。
また、手書きで振替用紙にご記入の場合は楷書でていねいに大きく分かりやすい文字でお書き下さい。
くずした文字や不明瞭な文字は判読できず、後々の確認連絡作業などに数日かかる場合、もしくはご購入が成立しない場合もあります。
-------------------------------------------------------------------
例年は11月に入ると途端にカレンダーの在庫数が怪しくなります。(在庫がある程度少なくなりましたら当ブログでその状況をお知らせ致します。)
★確実にご入用の方は11月上旬頃までに「ご注文メール → ご入金」をお済ませ下さいますようお勧めいたします。

何卒よろしくお願い致します。

多摩ねこ日記~1471

2019.05.11

ファイル 1555-1.jpgファイル 1555-2.jpgファイル 1555-3.jpgファイル 1555-4.jpg

血液検査、他3日間の精密検査を終えたミケ(♀)を迎えに行きました。幸いにも特に深刻と思える案件はありませんでしたが、右前肢の関節付近の骨折が発見されました。(画面ではよく分かりませんが)。

右と左の前肢を軽く握って触診をすると右前肢が明らかに太く感じます。骨折の付近に体液が溜まっているとの事でしたが、これは薬で痛みと共に抑えようということになりました。

また、同じく右前肢の爪と肉球に通常では考えにくい損傷がありました。院長によると、強い衝撃を受けたときに骨折と同時に損傷したのだろうという事でした。いくら高齢であっても今のミケのゆっくりとした日頃の動作では猫が勝手に骨折することはあり得ません。なんらかの人為的な原因があったものと思えます。
そんな訳で骨折部分用の経口鎮痛剤と爪の損傷部分の薬を毎日自宅で投与します。

今まで多摩川でミケのお世話をされていた方々が骨折に気付かなかったのは、後肢のふら付きがあるために歩く度に体全体が微妙に揺れて見えることから気付くことができなかったのだと私は思います。

ミケは0歳のときに多摩川に捨てられ、すでに26歳です。ミケがまだ若い頃から事あるごとに私なりに見守っていましたが、今回のような河川敷の環境の変化があったとはいえ、まさか我が家で暮らすことになるとは夢にも思いませんでした。これも何かの縁でしょう。

今はぐっすりと眠っていますが、ミケにとって不安のない穏やかで静かな環境で暮らせるよう努めていきたいと思っています。
(医療費 =¥30.450) 保護猫 アイヨ(♀)の薬代(¥9.820)

お知らせ

2019.04.13

日頃にも増して何かと慌ただしく気持ちにゆとりのない日々を送っております。
ご挨拶やお問い合わせ、お礼など、メールのご返信、他の対応に要する時間がなかなかとれずに十分に対応できない場合があります。

多摩川の猫たちのケアを休むことは有り得ませんので、ブログはなるべく書こうとは思っていますが、該当者さまには失礼をしてしまうしまうこともあろうかと思いますが、ご理解ご容赦をお願い致します。

多摩ねこ日記~1451

2019.03.15

ファイル 1534-1.jpgファイル 1534-2.jpgファイル 1534-3.jpgファイル 1534-4.jpgファイル 1534-5.jpg

中流域の藪の中に生きる猫たちの所を伺いました。ここでも猫たちを手厚く見守る方々がいらっしゃいます。今日は風の強い河川敷でしたが、風を遮断する雑木林の中に入るとポカポカと温かく感じます。

そこを離れてからおぃちゃん達に会いました。先ほどの藪の中の猫の数が少なかったのでその事を訪ねると「最近、ゴルフクラブで猫を狙って石を打つやつがいるらしい。だからあまり猫が出て来ないのだろう」と言うのです。
私は何かあるといつも複数の方からの情報を集めてから判断をします。その点、他に会えた方からのこの件についての情報は聞けず、今日のところは定かではありません。

八王子市~あきる野市~福生市を移動しました。
------------------------------------------------------------------
約一週間ほど前、我が家のカミさんはいつもの巡回コースにいるフトミケ(♀)を保護し病院に搬送しました。鼻気管炎をこじられていたようで、まさに瀕死の状態たったそうですが、確かに3月上旬は寒暖差が激しいうえに雨も降ってフトミケにとっては災難だったようです。

カミさんは保護すべくキャリーを準備して連日その場所に通ったものの、毎日顔を出していたフトミケはぱったりと姿を見せなくなったそうです。重い症状を確認しているカミさんは過去の経験もふまえて「死んでいる可能性もある」と半ば諦めもあったようですが、私でも同じようにそう思ったことでしょう。

ところが、その後のキャリーを準備していない日に限ってフトミケが姿を現したのです。カミさんはその時の写真を私に見せてくれましたが、それ相当に酷い有様でした。もう絶対にすぐに病院に連れて行かないと、それこそ今日死んでしまうと判断できるものでした。

そこで、カミさんは自転車に積んでいた透明のビニール製の大きな家庭ゴミ出し用袋にタオルなどの敷物を入れ、その中にフトミケを入れてそれを左手に持ち、片手運転で傘もささずに雨の中を病院に急いだのです。こんな格好で猫を運ぶのは前代未聞、またそんなゴミ袋を片手に全身びしょ濡れで来院する人も病院にとっても開業以来だったことでしょう。とにかく、一刻を争うこととはこういう事なのです。

あれから約一週間経った今にしてやっと自力で食べることができるようにまで回復したそうです。残念ながら白血病だったようですが、かなり回復しています。まだ退院できる状態ではありませんが、フトミケの命が繋がったことについてはとり合えずホッとしています。

お知らせ

2019.02.19

ファイル 1526-1.jpg

日頃の多摩ねこの事などが掲載されています。
女性自身 本日発売 (巻末カラーグラビア)

カレンダーの販売を終了いたしました。

2018.11.09

★「多摩猫オリジナルカレンダー2019"」は本日0時00分までのご入金分で在庫切れとなり、販売を終了させて頂きました。

尚、間近にキャンセル分が発生した場合は改めてその分の再販のご案内を後日させて戴きます。

ページ移動