selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1542

2019.11.21

ファイル 1631-1.jpgファイル 1631-2.jpgファイル 1631-3.jpgファイル 1631-4.jpg

今回の台風以来、初めて訪ねた場所のモモ(♀)を含む5匹の猫は全員が無事でした。台風上陸の夜はなんとか水かさが一定以上あがらないよう願いながら夜を明かそうとしていたそうです。

ところが、午前2時頃になって激しい雨風の中で突然バキバキバキと音を立てて大きな漂流物が近くの木にぶつかって地面が揺れたのだそうです。まったくの闇の中ですから具体的に何がぶつかってきたのかは分かりません。
命の危険を感じたおぃちゃんはずぶ濡れのまま土手に避難したのです。猫もどこにいるのかさえも確認できないまま、とてもすべての猫を保護するような余裕はなかったと言います。

しかし、結果的には5匹が命を落とすことなくおぃちゃんと共に今日という日を迎えています。ただ、辺りは地面が陥没し、足元はガレキの山なので、一ヶ月を過ぎた今でも生活を立て直すための片づけが続いています。ある程度の落ち着きをとり戻せるまでには後一ヶ月はかかりそうでした。

周辺の少し離れた所にいた猫とおぃちゃん、それに小屋はそのすべてが消えていました。名前のない黒白の猫とおぃちゃんはどうなったのか ? 今どこにいるのかは分かりません。

多摩ねこ日記~1541

2019.11.19

ファイル 1630-1.jpgファイル 1630-2.jpgファイル 1630-3.jpgファイル 1630-4.jpg

10月の台風19号通過後、4日目の16日の夕方発見された白黒の猫。真っ暗闇の中とはいえ不明になっていたミー(♂・7歳)ではないかとの情報。その後はおぃちゃんが荒れ果てた河川敷の目立たない一角に日が暮れてから(明るいうちはカラスに食べられてしまう) 毎日フードを置いていました。

その後は午前2~4時頃にかけて姿を見せていました。私自身もミーだと思っていたのですが、街路灯のない河川敷はほぼ真っ暗で月明りしか頼りになるものはありません。
そんな中、なんとか私が撮影した写真で確認してみると、ミーではなく一歳位の若い白黒猫、メス猫のようにも感じられました。体毛がきれいなことから、台風直後に捨てられた猫だろうという事でおぃちゃんはフードを置いて夜な夜な起きては様子を見ていたのです。

しかし、今月に入っておぃちゃんが見たのは一度きり。もう10日以上見かけていなくてフードも減っていません。そんな訳で毎日フードを置くのも大変なのでおぃちゃんはもうその必要はなさそうだと思っていたようです。
ところが、3日くらい前にその猫を見たという複数の方の目撃証言が耳に入ってきたのです。時間はやはり午前4時頃です。

そんな事もあって、改めていろいろな情報を冷静に要約してみると11月は全くフードが減っていなかったこと、体毛が異常にきれいなこと・他の理由から近くの民家から深夜の一定の時間帯に限って土手を越えて河川敷まで来ている可能性がかなり高いのではということになったのです。

今日の午前3時頃には猫は姿を見せませんでした。見かけたのは川べりを歩くタヌキだけでした。

午後にはまだ安否確認に出向いていない地域に行きました。周辺は荒れ果ててガレキの山になっている所で生き残った2匹の猫を確認できました。ここは猫のいた所から土手までが遠く離れた場所です。大きな木もなぎ倒されている中でいったいどこに逃れていたのでしようか。

幸いなことに、我が家で長期間保護していた猫を飼って下さる優しい飼い主さんが見つかりました。我が家のカミさんがご自宅までお届けしたのですが、環境など申し分なく、なによりお人柄がこの上なく素晴らしい方だったことが私たちの喜びです。
おそらく長期に渡り虐待を受けつつ飼われていたと思える猫でとても怖がりでしたが、少しずつ時間をかけて完ぺきとはいえないまでも極端に怖がったりする仕草はなくなりつつあったところです。

多摩ねこ日記~1540

2019.11.15

ファイル 1629-1.jpgファイル 1629-2.jpg

相変わらず猫の捜索と安否確認を続けながら、生活を立て直そうとしているおぃちゃん、おばちゃん達の所を回っています。今日、通りがかった場所にいたビビり(♀)は10月12日の台風上陸の夜から姿を消したままです。
面倒を見ていたおばちゃんは台風の直前に複数匹の猫を安全な場所に避難させました。しかし、付近には他にももっと猫がいたのですが、言うまでもなく誰しも限界というものがあります。ビビリは深夜の河川敷で増水した茶褐色の濁流から必死に逃れようとしたはずですが、驚異的な自然の力にはどうにもならなかったのでしょう。

おそらく、飼い主に酷く虐められたあげくに遺棄され、多摩川でもびくびく、おどおどしていつも怖がっていた猫。ビビリは辛い思いしか知らないまま濁流にのまれてしまったのかと思うと堪らない気持ちになる。

おばちゃんはビビリを避難させることができなかったことをとても悲しんでおられます。でも、おばちゃんはできる事を実践されている訳で、余り落ち込み過ぎないよういろいろとお話をしました。

我が家のカミさんは酷く足を痛めた猫「シャミ(♀)」を病院に搬送しました。これは、もう何年も前からマナーの悪い犬の飼い主によって犬に追われ(リードを付けたまま猫に近づける)、その度にそばにある木や建造物に駆け上がり、またそこから飛び降りているうちに悪くしたものです。

何年も前から日常的にそうした複数の飼い主が通りがかる場所なのでシャミにとっても気の毒です。足を痛めても何度かは自力(自然治癒)で治っていたようですが、今回は症状が酷いようです。カミさんの撮った、後肢を直線に伸ばしたままフードを食べている写真を見るとその姿はやはり異常というものでした。
その症状からして長期の入院治療になりそうです。

多摩ねこ日記~1539

2019.11.13

ファイル 1628-1.jpgファイル 1628-2.jpgファイル 1628-3.jpgファイル 1628-4.jpgファイル 1628-5.jpg

猫の捜索・安否確認などで足元が悪いために徒歩で移動しました。台風から一ヶ月が経過しても、いっこうに水が引かず踏み込めない所がまだ結構たくさんあります。こんな台風は今回が初めてです。

延々と歩いているうちに運よく生き延びることのできた猫と出会いました。近くにはおぃちゃんがきれいに洗ったと思える食器が3枚並べて置いてありました。ちゃんとフードをもらっているようです。おぃちゃん達も生活を立て直すために日々大変で余裕などは全くありません。
ガレキを拾い集めて小屋の資材として利用する方もいます。少しずつですが真新しい小さなテントが張られていますが、これはあくまでも一時的な雨露凌ぎの臨時のテント。実際に雨でも降れば、その雨音がうるさくてとても眠れるものではないでしょう。

先日、手持ちのテントが無くて困っていた方3名に各自お気に入りのテントが準備できるよう支援金をお渡しすることができ、猫のフードといっしょに差し上げました。

一方、簡易のテントなどで河川敷の川べりに戻っている方はまだ一部です。その多くはそれぞれですが、土手に置いたリヤカーや自転車などにブルーシートを張り、そこで夜を明かしている人もいます。
個人差はあれ、こうした台風やゲリラ豪雨などの被害の場合は復旧するまでに大体3ヶ月を要します。めっきり寒くなるお正月過ぎくらいまではかかるでしょう。
そうなるまでは猫も落ち着けません。

多摩ねこ日記~1538

2019.11.11

ファイル 1627-1.jpgファイル 1627-2.jpgファイル 1627-3.jpgファイル 1627-4.jpg

台風から一ヶ月経っても水が引かずに足元が危険な場所がまだたくさんあります。日にちが過ぎても「死んでてもいいから自分の手で葬ってやりたい」と言って私の腕を両手で握って涙するおぃちゃんと会いました。情が深く、自分の伴侶として猫を可愛がっていた方でした。
ガレキの中の捜索も場所によっては足を踏み込めない所もあって、ある程度の限界さえ感じます。途中で出会ったおぃちゃん達にテント・他を必要としている方はいないかと聞き回ったところ、3人の方が欲していることが分かりました。
おぃちゃん達は大抵は台風などとは関係なく、日頃から欲しいテント他はどこそこのホームセンターで売っている、いくら位の物とおおよそ目星をつけているものです。そんな訳でそれが買えるだけの現金を次回お渡しすることにしました。

移動の途中でミー(♀)のおぃちゃんとも会いました。ミーという名の猫は複数いますが、このミーは当ブログではたった一度しか記したことのない三毛猫です。
10月12日の台風上陸の夜からミー(♀)の姿は消えました。おぃちゃんの小屋も完全に水没し、濁流の底で泥にまみれて地面にすっぽり埋まっていました。

「一気に水が来たからミーは逃げきれなかったんだ」とおぃちゃんは悔しそうでした。台風上陸の夜は私自身も呼吸がしにくいくらいに強い雨風が吹いていました。そんな中で勢いのある濁流に足をすくわれれば自力ではどうにもなるものではありません。

我が家のカミさんが著しく体調を崩した猫を保護し、病院で治療入院となりました。かなりの重篤な病のようで、しばらく入院が長引く模様です。

多摩ねこ日記~1537

2019.11.07

ファイル 1626-1.jpgファイル 1626-2.jpgファイル 1626-3.jpgファイル 1626-4.jpg

猫の安否確認をしながら河川敷を移動しています。今日はラビ(♂)の生存を見届けることができました。今回の惨状では命があるだけでこの上ないことです。

仲間の猫のペケのいた場所はこんもりと小山のように土が盛り上がり、うっそうとした中州の雑木林でしたが、今回の台風ではその林そのものが消えていました。この場所を横目に通りがかったときは絶望感に包まれた私でしたが、関係者からの話しではペケ(♀)は元気でいるそうです。

しかも、立ち話をしている私のすぐそばのガレキの中のどこかにいるようでしたが、ガレキそのものが入り組んでいて、おまけに地形もすっかり様変わりしていることもあって姿までは見れませんでした。

同じ仲間のハコ(♀)もうまく難を逃れて元気に過ごしているそうです。そして、少し離れた場所にいたタロウ(♂)も無事でした。

「カレンダー2020」について

2019.11.06

多摩猫カレンダー2020の「ご注文メール」は10月29日をもって締め切らせて頂きました。

10月29日以前に「ご注文メール」を頂いている方については11月12日までご入金をお待ちしております。

11月13日午前0:00の時点でご入金が確認されない場合はキャンセル分と判断させて頂きますので、何卒よろしくお願い致します。

多摩ねこ日記~1536

2019.11.05

ファイル 1624-1.jpgファイル 1624-2.jpgファイル 1624-3.jpgファイル 1624-4.jpg

生還したミー(♂)ではないか ? との猫にはおぃちゃんがカラスのいなくなる時間に毎日フードを置いて深夜に見回りをしています。まれにフードが減っていないときもあるようですが(天候も影響)これまでは大体食べている様子です。

辺りはとても暗くて、目をこらしても猫の全体像がやっとぼんやり分かる程度で、猫との距離が離れるとまったく見えません。
そんな中で私の撮影したものをあえて明るく表示してみると、どうやら白黒の模様がミーとは違っていることに気付きました。これにはその場でおぃちゃんにも見てもらい納得してくれました。

模様が異なっているだけでなく、この猫は一歳くらいの若い猫に見えます。おまけに当初発見された10月16日の夕方の時点から外猫とは思えないくらいに体毛に汚れがありませんでした。
そんな訳で台風直後に捨てられたか、土手のそばの民家からの迷い猫ではないかというのが私の想像です。

ともあれ、ミー(♂)ではないにしても気の毒なことには変わりありません。近づくと逃げてしまうので今後もおぃちゃんは時間をかけて人馴れするよう努力してくれています。

午後は中流域の河川敷を歩き、おぃちゃんや関係者と会ったりして猫の安否確認をしました。
生き延びた猫もいれば、そうでない猫もいました。

多摩ねこ日記~1535

2019.11.03

ファイル 1623-1.jpgファイル 1623-2.jpgファイル 1623-3.jpg

不明になった猫の手がかりはないかと徒歩で移動しました。川べりは泥の水たまりで歩くにもひと苦労です。水分をたっぷりと含んだガレキの周辺には異常とも思えるほどの数のタヌキの足跡があります。新たに生き残った複数の猫の確認ができた反面、捜索している猫の気配はありませんでした。

長期の入院&治療が続いていた全身が疥癬に侵された猫は退院して我が家で保護をしています。全身には枯れてちぢれたようなうぶ毛とはがれた白い皮膚がたくさん付着していました。
性格はとても賢く穏やかで従順なオス猫です(医療費15万円余り)。

台風上陸後22日が経ちます。生き残った猫も勿論いますが、不明になった猫については絶望感が増します。

多摩ねこ日記~1534

2019.11.02

ファイル 1622-1.jpgファイル 1622-2.jpgファイル 1622-3.jpgファイル 1622-4.jpg

猫の捜索もなかなか難しいものがあります。まだ水が引かない所もあって足場が悪く、移動はすべて徒歩ですから一日で広範囲を捜すには限りがあります。今日もできる限りの捜索を終えました。

以前はパスタ(♂)やミルク(♂)・クリ(♀)もいた事のある、チビ(♀)のおぃちやんにも会いました。チビとクリは姉妹だったのですが、今となってはチビだけになっています。
この場所は河川敷でも高い場所にあります。そんな訳で私は今回の台風での心配は殆どしていなかったのですが、実際にはあと1m ほど増水していれば流されていたそうです。

ともあれ、濁流にのまれることなくチビと共に無事に過ごせたことをおぃちゃんは喜んでいます。

ページ移動