selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

写真展のお知らせ

2016.10.06

ファイル 1177-1.jpgファイル 1177-2.jpg

写真展「多摩川の猫 ~河川敷に生きる面貌-17~」

★10月20日~25日 ★ギャラリー・パウパッド(肉球画廊)

小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅 改札を出て左に直進 徒歩約5分
祖師ヶ谷大蔵駅には急行は止まりません。

Paw Pad Biog = http://blogs.yahoo.co.jp/gallerypawpad
----------------------------------------------------------------
全日在廊の予定ですが、猫に急用が発生した場合は猫を優先させて頂きます。

祝花・祝菓子・猫フードの持参はご遠慮ください。

多摩ねこ日記~1124

2016.10.05

ファイル 1176-1.jpgファイル 1176-2.jpg

我が家の保護猫だった、多摩川では通称=フー(♂)と呼ばれていた猫。虐待やら、ハエウジ症やら長く辛い思いをしてきた猫です。この度、9月27日に心優しい気心の知れた飼い主さんの元にお届け致しました。飼い主さんは以前にも多摩川でグレコ(♀)と呼ばれていた猫をひき取って頂き、愛猫として心底可愛がって下っています。

フーの事は我が家のカミさんが詳細を記すことと思いますが、内と外の猫のケアなどで時間に余裕がとれない日が続いていますので、ここで簡単にお知らせいたします。小西 修

画像= お届け前のフー(♂)

保護直後の植木の選定バサミ(?)のようなもので乱雑に刈られた体毛。

多摩ねこ日記~1123

2016.10.04

ファイル 1175-1.jpgファイル 1175-2.jpgファイル 1175-3.jpgファイル 1175-4.jpg

今日は主に支援周りをしながらの巡回でした。
8月の台風による河川の氾濫で殆どの私物を流された方がいらっしゃいます。
また、あれから1ヶ月以上経った今でも小屋の中が乾ききらないで住めない方もいらっしゃいます。
衣類・お米・日用品などをお渡ししました。

(備蓄してある物などを差し上げています。ホームレスの方への新たなご支援は不要です)

多摩ねこ日記~1122

2016.10.03

ファイル 1174-1.jpgファイル 1174-2.jpgファイル 1174-3.jpgファイル 1174-4.jpg

雨の日は食べることのできない猫たちの所を回りました。お腹を空かせているので、ずぶ濡れのままでも走ってきます。高栄養のフード・他をまたたく間に食べ尽くしてアッという間に雨を凌げる場所に姿を消します。
他の場所に行っても、激しい雨の中ですから猫も必死でフードに食らいつきます。捨てる人さえいなければ、猫はこんな苦労はしなくても良いのに。

帰路につく頃になってやっと小雨になりました。河川敷では8月の台風で私物が使えなくなったホームレスの方がゴミをまとめて出しています。こんなゴミの山が多摩川のあちこちにあり、後に業者さんが回収してくれます。
殆どの私物を失い(自転車・他)アルミ缶の回収もできないまま、仲間の方からの僅かばかりの日用品のみで暮らしている方もいます。以前にも書きましたが、8月の台風の被害が人によっては復興するまでに年内いっぱいはかかるのです。
今日はお米をお配りしました。
非難したままの場所での生活は11月になると益々厳しい寒さになります。

多摩ねこ日記~1121

2016.10.02

ファイル 1173-1.jpgファイル 1173-2.jpgファイル 1173-3.jpg

ハナ&アカリの所に行きましたが、タイミングが悪かったのか猫もおぃちゃんもいませんでした。辺りは犬の散歩が多く、それ以外は日曜日とはいえ閑散としています。顔見知りの老夫婦が通りがかりの猫たちに少量ずつフードを与えては歩を進めていきます。いつもご自分たちのできる範囲内で野に暮らす猫たちに優しいまなざしを送っておられます。

老猫のノンとも久々でした。石を投げつける輩もまれにはいるようですが、そばに居るおぃちゃんやこの辺りに足を運ぶ方々は動物に優しく、そして捨てられた猫に理解のある方が多いように思います。

縄張り意識の強いピーも他の猫に迷惑をかけることがあり、関係者から何だかんだと言われることもありますが、おぃちゃん・他の方に可愛がられています。体調も特に問題ないようでした。

トラももう何年間か河川敷で頑張っています。特定の宿をもたない猫ですが、寒くなれば目立たぬ所に猫小屋を作って下さる方がいます。今日のところは健康そうでしたが、もうしばらくすると河川敷では昼夜の気温差が激しくなります。そんな時こそ猫は体調を崩しやすいのです。

東京多摩市~稲城市~川崎市多摩区を移動しました。

多摩ねこ日記~1120

2016.10.01

ファイル 1172-1.jpgファイル 1172-2.jpgファイル 1172-3.jpgファイル 1172-4.jpg

下流に向けてジロウ(♂)やユウ(♂)の所に行きましたが、猫もおぃちゃんも留守でした。しばらく待っていると姿を見せたのはフワ(♂)でした。ずっと以前は暗くならないと人前には出て来ない猫でしたが、フワのことを心配してフードを工面してくれるおぃちゃんのお蔭で今では平気で姿を見せるようになりました。一般の方も通りがからない場所でもあるので安心です。

おぃちゃんの小屋の中まではまだ入れず、相変わらずの宿無しのフワですが厳しい夏をのり越えることができて周囲のおぃちゃん達もほっとしています。

対岸の白黒猫も元気でいました。いつもは土手の外にいるのですが、今日は私の気配を感じてか珍しく川べりまで降りて来たのです。何をするでもないのですが、人恋しい素振りでした。

再び橋を渡り、ジロウ達の所に戻ってみたものの、やはりおぃちゃんは帰っては来ませんでした。支援物資などは留守のときに利用する目立たない秘密の場所 ? に置いておきました。
前回、伺ったときは鍋(フライパンのこと)が集まらなくて生活が苦しそうでしたが、今日はある程度の数が備蓄してありました。

移動の途中に出会ったのはマユ(♀)でした。今日はマユのおぃちゃんとも会えませんでしたが、それなりに元気そうで食べる物はちゃんと食べているようでした。
----------------------------------------------------------------
「多摩猫オリジナルカレンダー"2017"」は只今制作中です。ご入用の方は今しばらくお待ちください。(一部 = ¥1600送費無料)

多摩ねこ日記~1119

2016.09.30

ファイル 1171-1.jpgファイル 1171-2.jpgファイル 1171-3.jpg

青い空と黒い雲が混同する不思議な空模様の一日。川崎市川崎区~幸区~中原区を移動しました。今日は会いたかった20数匹の猫の殆どの様子を伺うことができました。

シロのおぃちゃんがいた所の猫たちも、まめに給餌に来られている方のお蔭で元気そうでした。
周辺の猫も定期的に来る方や通りがかりに立ち寄ってくれる人をその時間になるまでじっと待ち続けています。しかし、天候が悪いと食べ物にありつくことが難しくなります。
そんな訳で天気の悪い日の猫たちのためにと顔見知りのおぃちゃんに猫フードをお渡ししておきました。

よくお世話をされている男性からもそれぞれの猫の様子や生い立ちなどをお聞きできました。「この子はボスで・・」とキジ白のオス猫を指されました。言葉ではよくボス猫と言いますが、本当の意味でのボス猫はそう滅多にいるものではありません。
しかし、その雰囲気は「そうかも知れない」と思わせるものでした。実際にどのくらいに周りの猫たちからの信頼を得ているのかを私は詳しくは知らないのですが。

いつも姿を見る黒白の老猫もゆっくりと時間を過ごしていました。歳のせいか、コンクリートの階段でよく眠るようになりました。

この辺りでは17:00になると、どこからか童謡の「あかとんぼ」が聞こえてきます。横笛を何本も前カゴに積んだ自転車でやって来ては古くからの童謡歌の独奏が続くのです。
給餌まではしませんが、猫に優しい方なんです。

多摩ねこ日記~1118

2016.09.26

ファイル 1170-1.jpgファイル 1170-2.jpgファイル 1170-3.jpgファイル 1170-4.jpg

最近までは猫もおぃちゃんもいなかった場所にも行ってみました。おぃちゃんはリヤカーの修理にやっきになっていました。誰かにいたずらされ壊されてしまったようです。
修理をしているおぃちゃんを遠巻きで見ている猫が面倒を見ているキジトラ(♀)です。名前を付けてはいませんが、おおらかな気持ちで包み込むような愛情が感じられました。
いろいろと事情もあり、ここ2日間は何も食べていないようです。おむすびと飲み物・日用品と猫フードをお渡ししました。

対岸に渡ると釣り人の成果をいつも首を長くして待つ猫がいます。何人か並んで釣っていても、釣りのうまい人をちゃんと覚えていてその人の横に構えて川もをじっとみつめて待っているのです。
今日はこの時期のハゼが釣れました。
300m 先に棲むおぃちゃんがお世話をしている猫ですが、ここに来て魚を待つのが習慣になっているのです。

多摩ねこ日記~1117

2016.09.25

ファイル 1169-1.jpgファイル 1169-2.jpgファイル 1169-3.jpgファイル 1169-4.jpg

河口近くの猫の給餌を終えた後、普段はあまり足を運ばない場所にも寄ってみました。この辺りは少し高い位置に小屋掛けしてあり、台風や集中豪雨で増水しても心配のない場所です。
先月の台風当日でも廃品の回収をしていたという事ですから、被害を受けていまだに小さなテント内で避難したままの方からすれば羨ましい場所とも言えるのです。

ここでは、猫もそれぞれ面倒を見てくれるホームレスの方が付いていたり、また仲間うちで協力し合って猫を見守って下さっています。

しかし、おぃちゃん達にとってはアルミ缶の買取価格がここ2年くらいはずっと下降線をたどっていて毎日が自転車操業です。今日の稼ぎがなければ明日の食べ物はありません。
おぃちゃん達と話しているうちに突然足元からニワトリが姿を現しました。数年前に多摩川に遺棄されていたのだそうです。小屋の中でおぃちゃんと共に暮らしています。
コンロ用のガスボンベ・タオル・猫フードなどをお配りしました。

多摩ねこ日記~1116

2016.09.23

ファイル 1168-1.jpgファイル 1168-2.jpgファイル 1168-3.jpgファイル 1168-4.jpg

雨がやみません。南関東は9月になって21日間が雨天だと報道していました。こんな日は大抵のボランティアさんは見えませんので、そんな場所の給餌のみに回ることも多いです。

4ヶ所移動しましたが、悪天候が続いていることもあり猫たちの食べ方を見ていると、ここ2~4日間くらい何も食べていないような様子でした。免疫力を高めるものや高栄養のレコンヴァーレスカッツェ・他もフードと共に与えます。
どの猫もずぶ濡れですが、お腹を空かせているので強い警戒心があっても走って出てきます。
うなり声をあげて不必要なまでに右往左往するのは随分と空腹が続いているということです。
今日の河川敷は冷えています。しっかりと食べれば体温も保てることでしょう。

ページ移動