selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1141

2016.12.02

ファイル 1202-1.jpgファイル 1202-2.jpgファイル 1202-3.jpgファイル 1202-4.jpg

この時期になると、どの猫も人目につきにくい安全な場所を探して貴重な陽だまりを楽しんでいます。イシマツ(♂)も犬の散歩を警戒しながらもゆっくりと移動して落ち着ける場所を探しているようでした。姿は見えませんが、おぃちゃんは小屋のそばでアルミ缶をつぶしているようです。カチャカチャと乾いた音が聞こえます。

ライオンマルも頑張って生き抜いています。長毛のため夏場は大変そうですが、この時期は周囲の猫と比べてわりと平然としています。それでも夜はかなり冷えるのですが。

夕方近くになると、おぃちゃんの帰りを(給餌)草むらでじっと辛抱強く待っている猫と出会えます。でも、今日必ずしも食べ物にありつけるかどうかは分かりません。おぃちゃんの稼ぎが厳しい所にはフードを配りながら巡回しました。日頃から挨拶代わりに世間話をしているとおぃちゃん達の事情が分かるのです。

今更でもないのですが、犬の散歩をしているマナーの悪い飼い主さんの多いこと多いこと。猫の存在に気づくとわざと犬をそばまで近づけます。また、誰かがお世話をしていても同様です。
目に余って、やんわりと注意を促すと、しかとするか逆切れです。「ここで猫を飼ってるほうが悪いんだよー」「てめーが餌をやって猫を増やしてるのか」と殆どの方が足並みを揃えたように注意した犬のことを猫にすり替えたワンパターンの暴言になります。その9割以上が女性です。

我が家のカミさんも、こういった事はほぼ毎日の事です。人とのトラブルはその後においても気分の悪いものです。他のボランティアの方もそうでしょうが、そんな精神的な気苦労を理由にすぐにやめてしまうのが大半のようです。
身銭をきって捨て猫を慈しみ、その上に他人から理不尽な言葉で罵倒されてはたまりませんよね。

多摩ねこ日記~1140

2016.12.01

ファイル 1201-1.jpgファイル 1201-2.jpgファイル 1201-3.jpgファイル 1201-4.jpg

本日は宿の無い猫ばかりを訪ねてみました。河川敷の日暮れ時には風が強くなり、その体感温度はぐっと下がります。それなりに安全な場所を見つけて体を休めていても翌日の午前中くらいまでは厳しい寒さです。加えて、雨が降ればずぶ濡れになってしばらくは体毛が乾きません。
それを身に染みて知っている猫たちは、ひと時の日差しを精一杯楽しんでいるかのようでした。人に甘えることもできず、もしくは人に虐められ、それが長期に渡りとらうまとなって警戒心を尖らせている猫も少なくありません。まったく気の毒なことです。

今日はご無沙汰している2人のおぃちゃんに会いたかったのですが、どちらも留守でそれは叶いませんでした。やはり、身近で猫の様子を見ているおぃちゃん達から話を聞くのがなにより正確な情報になるからです。

東京都八王子市~福生市~昭島市を移動。
その後に川崎市多摩区のおぃちゃんと久々に会い、猫談義をして河川敷を後にしました。

多摩ねこ日記~1139

2016.11.29

ファイル 1200-1.jpgファイル 1200-2.jpgファイル 1200-3.jpgファイル 1200-4.jpg

昨日に続き風の強い多摩川でした。おぃちゃんからの連絡を受けて愛猫の治療に向かいました。慢性の鼻炎や鼻気菅炎、外傷、皮膚に発疹のある猫など。
さほど長距離の移動ではありませんでしたが、藪の中に身を潜めている猫を探すのに少々手間取りました。でも、おぃちゃんの協力もあって目的とする猫にはすべて薬で処置することができました。そして、この先も様子を見ていきます。

さらに移動して対岸に渡りました。今日は以前から取材を続けて頂いている某 TVクルーとも落ち合いました。私が離れた場所で猫たちの様子を見ている間におぃちゃん達はインタビューを受けていました。どんな会話のやりとりがあったのかは定かではありませんが、おぃちゃん達は猫に対して強い慈愛の心を持たれている方ですから、それなりに意義のあるコメントが収録できたのではないかと思っています。やはり、「生の声」はその内容にもよりますが、説得力があるのではと思います。

多摩ねこ日記~1138

2016.11.28

ファイル 1199-1.jpgファイル 1199-2.jpgファイル 1199-3.jpgファイル 1199-4.jpg

前回伺った時に会えなかったマルの所に行ってみました。今日は風の強い一日で私が到着するとしばらくしておぃちゃんの小屋の中に入ってしまいました。
相棒のチャーミーも辺りの木々が強風でガサガサと揺れるので、なんだか落ち着かない様子です。いつもなら鳴いて甘える猫なのに今日はおぃちゃんの自転車の下でじっと固まっていました。2匹に体調の異常はないようでチャーミーの体にも脂肪が付いています。

そのうちにおぃちゃんが帰って来ましたが、薄着をしているせいか、そそくさと小屋の中に潜り込んでしまいました。

強風のためいつもより河川敷を出歩く人が少ないのは猫にとっては幸いなことなのですが、お腹を空かせて猫ボラさんを待っている猫たちも寒さに耐えて行ったり来たり。
よくお会いする男性の猫ボラさんは暗くなっても猫たちが完全に食べ終わる19時くらいまでは現場にいるのです。そうして見張っていないとタヌキにフードを食べられてしまうからなのです。

東京都調布市~狛江市・他を移動しました。

多摩ねこ日記~1137

2016.11.25

ファイル 1198-1.jpgファイル 1198-2.jpgファイル 1198-3.jpgファイル 1198-4.jpg

久々にチビの所に行ってみました(チビという名の猫はたくさんいるのですが) チビは去勢手術を終えたらガラリと態度が一変してしまいました。まるで触れる猫ではなかったのですが、河川敷に戻されてからは翌日から急にべたべたと人のそばを離れなくなったと、お世話をされている猫おばちゃんは言います。
見ていると本当にすぐそばに人がいないと落ち着かない、人恋しい猫になってしまったようです。他の猫に対しては少々手厳しいのですが。慢性の鼻炎でいつも鼻から異音が出ていますが、こればかりは治りません。

サビも給餌の時間帯になるとどこからともなく姿を見せます。ここの猫たちも冬に備えて体に脂肪が付いてきています。目力もあり、体調も悪くないようです。

移動してミミやシロ・他、数10匹の猫たちの様子も見れました。例年と比較してそれなりに健康を維持できているようです。猫を見守っている方々の想いが反映されているからでしょう。

東京都多摩市~立川市~稲城市を巡回しました。

多摩ねこ日記~1136

2016.11.23

ファイル 1197-1.jpgファイル 1197-2.jpgファイル 1197-3.jpgファイル 1197-4.jpgファイル 1197-5.jpg

今日は毎日は食べ物にありつけない猫たちへの所に行きました。午後の早い時間でも河川敷の空気はすっかり冷え切っています。私の気配を察すると草の中から次々と姿を見せて走ってやって来ます。

3~4日間は何も食べていないはずです。複数匹の猫はどの猫も、うー、うー、と唸りながらかなりの量のフードを平らげました。幸いなことに病を抱えている猫は見当たりませんでした。

しばらく移動してコレ(♀)の所にも寄りました。おぃちゃんは留守でしたが(就寝中か)、北風の吹く外でやり過ごしていました。

黒猫(♂)のおぃちゃんの所にも行きましたが、いつも居る時間帯なのにいくら声をかけても返事はありません。不思議に思って小屋の中を覗いてみると、よほど疲れているのか爆睡中でした。この寒いのに半そでシャツ1枚で。返事をしてくれたのは黒猫のみでした。

この季節の河川敷では土の中に巣をつくっている蜂をよく見かけます。うっかり踏みつけたりすると蜂が興奮して大変なことになるので、足元には充分に気をつけないといけません。

多摩ねこ日記~1135

2016.11.22

ファイル 1196-1.jpgファイル 1196-2.jpgファイル 1196-3.jpgファイル 1196-4.jpg

チビ & シロのおぃちゃんと会いました。伺ったとき、おぃちゃんはちょうどチビと小屋の中でまったりとした時間を過ごしているところでした。深い深い雑木林に囲まれたこの場所でも紅葉がカサカサと風に舞い、そして冬の足音が聞こえてくるようです。

チビとシロは冬に備えて体を大きく丸く見せています。2匹にとって5回目の冬を越す準備はできているようです。でも、そうなれるのは何よりおぃちゃんの猫に対する愛情の賜物なのです。多摩川で2匹の猫が揃って5歳を迎えられることは滅多にないのです。
おぃちゃん自身もいつもより顔が丸く、腫れぼったく太って見えましたが、これはぐっすり眠った後の寝起きだったからでしょうか ?

おぃちゃんのすぐそばに小屋がけしていた方が先月に亡くなっていたそうです。しばらく姿が見えなかったので仲間の方と「死んでんじゃねぇの」と冗談で話していたようですが、その後に訪ねた方が発見したようです。70代のおぃちゃんでしたが、餓死か寒さが原因ではないかとの噂です。

しばし移動して離れた場所にいる複数の猫たちの生存を確認し、さらに次の場所に移動しました。
東京都あきる野市~羽村市~福生市を巡回しました。

多摩ねこ日記~1134

2016.11.18

ファイル 1195-1.jpgファイル 1195-2.jpgファイル 1195-3.jpgファイル 1195-4.jpg

今日は主に宿を持たない猫の様子を見て回りました。多摩川の夜は寒さ厳しくなってきましたが、殆どの猫は草むらの中で過ごしています。しかし、そんな猫にとって雨の降る日は辛いものです。草の中を移動しているために雨が上がった後でも露に濡れて体が乾かないのです。ずぶ濡れの体に冷気が加われば体力も消耗します。極々一部では猫ボラさんのお蔭で簡易の猫小屋を利用している猫もいます。それでもやはり屋外で生きることは辛い日々の連続です。

ゴンもときおり訪ねて来る猫ボラさんを待ち続けていました。仲間の猫と共にずっといつまでも草むらに潜んでいます。

しばらく移動するとほぼ毎日通って来てくださっている猫ボラさんの所に着きました。複数匹の猫のお世話をされていますが、何年か前のように猫を虐待する人を見かけなくなったそうです。でも、数日前には通行中の自転車にぶつかった猫がいたようですが、幸いにもケガはなかったそうです。
ここには猫好きな小学生の姉妹がときどき訪れて来ます。そして、しばらく猫と触れ合ってから帰って行きます。

ご支援を頂いた毛布をおぃちゃんにお渡し致しました。おぃちゃんはこの寒い中、屋外で寝ている方なのです。

川崎市多摩区~東京都稲城市~多摩市を移動しました。
----------------------------------------------------------------
ホームレスの方用の衣類はストックがあるため、今現在この先当分は必要ありません。ご支援不要です。

多摩ねこ日記~1133

2016.11.17

ファイル 1194-1.jpgファイル 1194-2.jpgファイル 1194-3.jpgファイル 1194-4.jpgファイル 1194-5.jpg

猫の巡回をしながらの支援回りでした。移動の途中で見え隠れする宿を持たない猫の姿も見えて、それぞれの無事を確認することができました。今、多摩川では夕方から朝まではかなりの寒さです。特に初めての冬を越そうとしている猫にとっては試練の季節でもあります。

外出嫌いのダイコもおぃちゃんからしっかりとご飯をもらっているにも関わらず私の気配を察するといちいち寒そうな顔をして、猫の小窓から姿を見せてくれます。
ミーもまたおぃちゃんに見守られてそれなりに元気そうです。多摩川にはまだまだ沢山の蚊がいます。耳の刺し傷はこれでもかなり傷口が小さくなっています。

ご支援を頂いたソバ殻の枕や猫用クッションなどを困っている方を優先にお渡ししました。川べりの北風の強い場所にいる猫にも、枕がないと体が痛いという方にも喜んで下さいました。

フーは幸せになって生きています~皆様ありがとうございます

2016.11.14

ファイル 1193-1.jpgファイル 1193-2.jpgファイル 1193-3.jpgファイル 1193-4.jpg

 フーはあるホームレスによって2014年12月に河川敷に連れて来られた猫です。当時、毛はボロボロ、病気でガリガリに瘦せて口のヨダレ、涙目や鼻炎も酷い状態、いつ死んでもおかしくないくらい衰弱してました。

 このホームレスの男は5年程前に河川敷に突然来て暮らし始めたアル中で、猫の飼い方も分からないのに自分の暇つぶしのために無責任にも猫をどこからか持ってきて乱暴に扱い、エサも与えず、自分が外出する時は隣に住むKrさん(この人は猫を大切に飼ってる優しいホームレスさん)に強引に預けて世話をさせ、そして夕方小屋に戻って来るやいなや猫を引き取るのです。

 フーはこの男が怖くて逃げようとするのですが、嫌がるフーを無理やり自分の小屋に連れ帰り閉じ込め、猛暑の夏も物凄く暑い小屋から一歩も出れない状態にし、水もエサも与えられず虐待されてました。フーのヒゲをハサミで切ったり、長い毛もハサミで乱暴にズタズタに切られ、傷ついた皮膚が痛々しく可哀想でした。暑い小屋に毎日8時間以上閉じ込められっぱなしのフーはいつ熱中症になって倒れておかしくない状況でした。
 傷ついたフーの体にアルコール消毒などと言って酒をぶっかけたり、自分のやりたい放題・・フーが耐え続けた一年半の出来事を思い浮かべるだけで私もトラウマ状態で精神的に鬱になり吐き気を催します。小屋の中に飲み水だけでも置いてくれるように頼んでも、どんなに優しく言って説明しても人の意見やアドバイスをまったく受け入れない聞く耳を持たない頑固者でした。猫が苦しがってる状態を理解してくれないのです。俺の猫だと言い張り、何を言っても無駄でした。

 フーを手放してくれれば保護できるチャンスがあるのですが無理でした。どんなに毎日辛い目に遭ってるかと思うと、
助けてあげたくても助けてあげれない歯がゆさで悩み苦しみ・・考えると寝れない日が何度もありました。
それでも、苦しんでるフーに今少しでもしてあげれる事を考え、生きるために男が留守中に行ってフーに薬や治療しながらお腹いっぱい食べさせました。
目の前にいるフーをこの場所から救ってあげれない・・会う度に胸が苦しくなりました。
 男がいない時間帯はKrさんがフーを見守ってお世話してくれて、フーが可哀想なので私の力を借りて病気を治したいと言って下さり、そのための協力をしてくれました。フーのために私はフード支援をして薬の仕方も全部説明してKrさんは毎日必死に投薬してくれました。(男には内緒で)二人だけで協力しながら頑張ったお蔭でフーは徐々に体調が良くなり、よく食べるようになり、浮き出てた骨も肉がついて太ってきて元気になりました。
フーはKrさんのお世話で水を飲めたりフードもしっかり食べれるのです。可愛がってくれて一日の中でほんの一時の安らぎを過ごせるのです。
 フーはKrさんが大好きですっかり懐いてました。
いっその事、Krさんが飼い主になってくれたらどんなに良いかと思いました。飼い主の男は名前も付けてません。「フー」という名前を付けたのはKrさんで、Krさんと私の間だけで「フー」と呼んでいました。
 去年の秋、男はフーを見放しそうになった時があって、代わりにKrさんが飼う事を引き受けたので、やっと助けれるチャンスが来たと保護しようと思った矢先、次の日に気が変わった男は自分の猫だと言いました。コロコロ言う事が変わるし、アル中なので自分が何を言ったかも覚えてない人でした。
 Krさんも男の性格をよく知ってて、毎回男の言動に振り回されて疲れて辛そうでした。アル中で危険な男なので、Krさんの身に何かあってはいけないので、こちらも無理な事はできません。
フーをなんとか助けたくても叶わない・・・フーに「ごめんね・・いつか必ず助けれる時が来るまで待っててね、それまで頑張って生きてね」いつも心で謝りました。ここで死なせたくない・・私とKrさんはいつもフーを気にかけ心配しました。

 しかし、フーは飼い主である男に振り回され相当なストレスを抱え長い間我慢して耐え続けて生きてました。助けるチャンスがなく諦めかけそうになる時もありました。
 悪い人間に捨てられ、さらにまた悪い人間に出会ってしまい、苦しい連続の運命の中で尊い命が犠牲になる・・・猫は飼い主を選べません・・・本当に残酷です。
いつかこの猫を助けたいと思い続けて・・それが叶ったのがなんという事かハエウジ症で衰弱して死にかけてる時だったのです・・辛くてフーの姿を見て涙が止まりませんでした。

 でも助けたい、ここから救い出せるのは今しかない・・もし1%の助かる望みでもあるなら病院に連れて行く!!それが私にできるフーへの最後の約束だから・・助けると言った約束を守りたい、
Krさんにもフーは助からないかもしれないけど病院に連れて行きますと言って承諾を得ました。
 男には「フーはウジに蝕まれて死ぬから病院に頼みます」とKrさんから伝えてもらいました。その後、男にフーは病院で亡くなったと伝えました。
フーはやっと男から解放され、
そして死なずに、奇跡的に助かりました。
フーは過酷な運命に負けずに頑張って生き抜いたのです。
尊い命を救って奇跡を授けて頂いた事に感謝しています。


そして、9月27日、フーは優しい飼い主様に家族として温かく迎え入れられ、今現在穏やかに幸せな日々を送っています。
 K様は多摩猫達をいつも温かく見守ってご支援して下さってる方です。
 2011年9月、河川敷で酷い事故に遭って腕を骨折し草叢の中でグッタリ横たわって意識が朦朧として動けなくなってた猫(グレコ♀)を私が助けて保護し、専門の病院に搬送し、手術は無事成功、術後も順調な治療で元の元気な体に戻りました。そのグレコを2012年3月に貰っていただいたのがK様です。
(2013年多摩猫カレンダー7月に掲載されてる猫)
 グレコを貰って下さった時もK様の猫に対する深い愛情や思いやりが伝わって、お気持ちの優しさに嬉しさでいっぱいになりましたが、今回またフーを貰っていただける事となりまして、
フーも幸せになれるなんて・・そう思うだけで、
心から感謝と嬉しさで涙がこみ上げました。

 Kさん、助けていただいて本当にありがとうございます。

 フーをご自宅までお届けした際にグレコと4年半ぶりに再会できるなんてワクワクして心が躍りました。
すっかり凛々しい猫になったグレコ、まるで
別猫の様に立派な姿で、活き活きした表情のグレコを見れて
私も本当に幸せでした。
グレコはとても活発で高い場所が好きでジャンプしたり、走り回ったり、そんなグレコのために部屋の天井近くにまで猫が上がれる棚やキャットウォークなど工夫して作って頂いて、グレコは本当に幸せです!! 骨折した猫とは到底思えない元気いっぱいで安心しました。元気になったフーも高齢のわりに活発でオモチャでもよく遊びますので、きっとグレコとも仲良くなれると思います。

K様のご家族はご主人様も娘さんも皆さん猫が大好きです。
 
 フーの性格はもともと穏やかで人懐こいので、
優しいご家族の愛情を受けてフーはとても幸せに満足してると思います。

フーは何度も辛い治療や手術など本当に頑張ってくれましたので、
体にかなりの負担がかかったと思います。
どうぞ、しばらくは心と体をゆっくり静養してもらいたいです。

 Krさんにはフーが貰われた事をお伝えしまして、
心からお礼を言って喜んでくださってます。

 フーに関しては長い報告をしてしまいましたが、
フーが過酷な苦労を背負って生きてきた様を少しでも皆様に
知って頂ければと思い、時間をかけて書きました。
河川敷で暮らす猫達にはそれぞれ様々な辛い物語があります。
猫はどんなに辛い思いをしていても、何も語りませんが、
どんな目に遭っても
猫達は命ある限り精一杯生きています。
そんな猫達の事を温かい思いやりの目で見守って頂けたらと思います。

皆様、本当にありがとうございます。
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。


小西美智子

ページ移動