selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1105

2016.08.23

ファイル 1157-1.jpgファイル 1157-2.jpgファイル 1157-3.jpgファイル 1157-4.jpg

台風一過の河川敷ではその土地の高さの違いでさほど被害のなかった方もいましたが、多くの方は床上浸水、全浸水でした。川底をかき回したような濁流の水はヘドロ状態で一度水をかぶったものは使い物になりません。どんな物でも乾かせばますます異臭がきつくなり、そこに虫が湧いてきます。

ダイ(♂)のおぃちゃんも小屋の中の物は全滅でした。泥をかぶった折り畳みのサマーベッドを川で洗っていましたが気休めにしかなりません。どこから手をつけていいものか途方にくれていました。強いて言えば、昨夜土手に避難した100m ほど離れた場所にあるリヤカーに積んだ僅かな荷物と猫のダイだけになってしまいました。今夜はそのリヤカーのそばで野宿です。

テント住まいの方も全滅でした。中の物はすべて消えています。避難して命があったから良かったものの、また一からの立て直しになりました。

チーチ(♀・9歳)のおぃちゃんは床上60cm でした。泥にまみれた敷物のカーペットのようなもの・他を干していましたが、異臭が強くて使い物にはならないでしょう。今回の増水は発表されていた降雨量そのものよりも長雨になっったことが原因で被害が広がったようです。幸いにもチーチは小屋の中の高い場所にいたために流されることはありませんでした。

足場の悪い河川敷を徒歩で移動するごとにそれぞれの方の被害の程度が分かります。おぃちゃんにとっては生きるための糧となる自転車が使えなくなった方もいました。

今日に限ってはおぃちゃん達が直接面倒を見ている猫は無事だったようですが、宿の無い猫もたくさんいることから行方不明になった猫もいるかと思えます。詳しいことは数日経ってみないと分かりません。

多摩ねこ日記~1104

2016.08.20

ファイル 1156-1.jpgファイル 1156-2.jpgファイル 1156-3.jpgファイル 1156-4.jpg

今日は毎日は食べ物にありつけない猫ばかりに給餌に行きました。特定の人からの愛情を受けていないのでそれなりの警戒心はありますが、飢えているのでこちらの様子を察すると容易に姿を見せてくれます。
大気が不安定なために何度も雨宿りをしましたが、猫もやはり草むらに身を隠しながらもまた出てきて食べてくれます。地面を打ちつける激しい雨の跳ねかえりで猫は泥水だらけですが、タオルで拭いてやると少しはスッキリしたようです。

夕方5時頃から河川敷は人で埋めつくされました。人ごみの恐怖と花火の爆音で今日の猫たちはしばらくは姿を見せません。なかには数日間草むらに潜んだままの猫もいます。その間は食にありつけないので今日は人出の少ない時間に出かけました。

多摩ねこ日記~1103

2016.08.16

ファイル 1155-1.jpgファイル 1155-2.jpgファイル 1155-3.jpgファイル 1155-4.jpg

今日はフウマが死んでちょうど一年、月日の経つのをとても早く感じます。台風7号の影響で激しい雨が降ったり止んだり。湿気の多い竹やぶのそばでおぃちゃんは群がる蚊と戦っていました ? 次から次へと湧き出てくる蚊は驚くべき数でした。

フウマのお墓には花を持参しました。おぃちゃんは慌てて周囲の草を刈ってくれましたが、ざっくりと適当に済ませました。
それというのも、あまり綺麗にしたり目立つと河川敷ではろくなことはないからです。すぐに誰かがいたずらをして壊してしまうのです。でも、その辺はおぃちゃんも私も分かっていて、暗黙の了解でお墓をそれとなく目立ち過ぎない程度にとどめておきます。

お盆ということもあり「フウが帰って来て、その辺の木の上から俺たちをにらみつけてんじゃないの」とおぃちゃんは笑います。殺虫剤・防虫スプレー・食品・他を差し上げました。

激しい雨が降り止んだあとも多摩川上空には黒い雲が風に流れて凄いスピードで移動していきます。
イシマツはおぃちゃんからご飯をもらうために小屋まで帰って来ていました。アルミ缶の買取もお盆休みのために身入りがありません。今日は自ら栽培した葉物野菜の水煮を食べるようです。

ハヅキも元気で過ごしていましたが、直におぃちゃんが動物用ケージの中に入れてしまいました。これは台風による増水に備えて今日と明日の2日間はいつでもハヅキを避難できるようにするためです。
おぃちゃんは以前に面倒を見ていた猫を避難させることができずに悲しい思いをした経験があります。今でも強い後悔の念をもっているのです。

ハエウジ症の猫~フーのご報告 ①

2016.08.12

ファイル 1154-1.jpgファイル 1154-2.jpgファイル 1154-3.jpgファイル 1154-4.jpg

皆様にお伝えしたいご報告がたくさんありますが、早くお伝えしたいと気は焦っても
色々と起きる日常で今現在、更に忙しさが増しております。
正直言って、限界を超えたお世話状況でして、私も精神的肉体的に苦しい状態にいます。
それでも、今やらなければならない一つ一つのお世話、今助けなければ助からない命があり、
できる限り、猫達の命に関わるお世話を優先しています。

そんな中で、時間が許せる時を見計らって
少しでもご報告していきます。皆様どうぞ宜しくお願い致します
まず、皆様に早くお伝えしなければならないのは、ハエウジ症で苦しむ猫フーの事です。
その後のご報告をいたします。大変遅くなって申し訳ありませんでした。

ハエウジ症という名前の通り、暖かくなってハエが発生してくる時期(春~夏)に罹る病気です。
屋外など河川敷もそうですが、外の不衛生な場所などはハエがたくさん集まってきます。
普通に健康で元気な猫であればこの病気に罹る事などありません。

高齢猫や病気(あるいはケガしてたり)で衰弱したり、体力や免疫力が落ちて動けず
弱ってると ハエが体に寄ってきても尻尾で振り払ったり、追っ払う事もしなくなります・・・
そういう時に犠牲になりやすいです。
猫の毛の奥まで割り込んで入って皮膚に卵を産み付けたり、ちょっとでも傷口があればその傷に卵を産み付ける、
皮膚に小さな穴を開けて潜って卵を産み付けたり、
最悪の場合は肛門から中に潜って卵を産み付けます。衰弱してる猫や死にそうな猫は卵を産み付けられても抵抗する力もありません。
そして、飼い主は猫に小さな卵を産み付けられてる事など 気が付きにくいのです。。
いつも体を細かく観察してないとなかなか気付けないです。。

6月13日に病院に搬送、診察の結果、フーの症状は大変重く、
いたる所に小さな穴が開いて、多数のウジが出たり入ったりして見えました。
肛門の中からもウジが湧いて出てました。黒ずんだ傷口には大きな空洞ができて大量のウジが湧いてました。
肛門から入り込んでるウジが深く腸管に入り腸壁を破って色んな場所に広がってどんどん侵食していけば助かりません
助かる可能性は低い・・・全てのウジを取りきれなければ助からない病気なので、腸管に入ったり壁を破ったり、筋肉に入り込んだりと
色んな場所まで広範囲に広がってしまうととてもじゃない 全部のウジを取り除くなんて不可能に近く困難です。
ハエウジ症はほとんど場合 助かる可能性が低く・・それはこの病気に罹ること自体が「死が迫っている(死が近い)」事を意味するからです。

4日間も何も食べなくて弱ってるフーは貧血も起こしていて、何としてもまず食べて体力を付けなければなりません。シリンジでa/d缶を強制給餌しました。
私は以前からフーにはa/d缶を差し入れ食べさせていたので大丈夫だと思ってました。強制給餌を頑張って食べてくれました。

ウジが湧いている箇所に薬を注入しながらウジを少しずつ取り除いていく作業を続けていきます。その度にフーは目を大きく見開き
断末魔の叫びのように診察室に響き渡る物凄い悲鳴を上げて、その治療に耐えていました。あまりに過酷で可哀想で見るに耐えられない光景でした。
しかし、フーは本当に我慢強い子で、気が狂うような痛みに耐えながらも治療に必死に頑張ってました。
相当に痛いはずですが、物凄い精神力をして耐えています。こんな我慢強い精神の強い猫は滅多にいません。
一回の治療が終わるとオムツのパンツを履かせられていました。

助かるかもしれない、望みは捨てず、諦めず、先生にはできる限りの精一杯の治療を施していただくようお願いしました。
先生も精一杯やれるだけの事をしますと言って下さいました。ただ・・
治療の際、フーの体力的な事もありますが、ハエウジ症は死んでもおかしくない病気のため、もし、
あまりに激しい痛みが続く事によって、フーがもがき苦しみながら亡くなるのであれば・・・
フーを少しでもラクにしてあげる事、苦痛からなるべく解放してあげる
ために・・「安楽死」をも考慮しなければならない状況でした。

私は今までに安楽死をさせた事は一度もありません。それは安楽死というその考え方にどうしても肯定できない、
至らないからです。
しかし、ハエウジ症は物凄い激痛を伴い、とても苦しみます。
、物凄い数のウジに体の中を食い破られ侵されるのですから、激痛は言い表せない想像を絶するものがあると思います。

頭で理解しても心が納得しきれてない・・・悩んでも答えが出せない自分と葛藤しながらも
、やはり死ぬまで苦しみ続ける辛さを思うとフーが可哀想で・・、結局、
安楽死は状況判断で先生に全てをお任せすることにしました。
そして、私にできる事は唯一、一縷の望みに賭けて、フーが奇跡的に助かる!!!、それを祈り続ける事でした。

また続きのご報告をしますが、次の報告までに皆さんにご心配をあまりおかけしたくないので
少しだけ先にお知らせします。
フーは病院の先生方の懸命な治療のお蔭で命を取り留めました。
奇跡的に助かって、7月11日(月)に無事退院しました。
フーもできれば里親募集したいですが、まだまだ病気のため治療が続きますので難しい状況です。

自宅で見守っておりますが、
実はまだ大変な手術と治療が今後控えております。そのために
今は自宅点滴をしながらお世話看病してます。フーも本当に毎日頑張ってますので
私も毎日睡眠不足で辛いですが、必死に看病に精一杯頑張ってるところです。
また続きをご報告いたします。
フーの写真は治療中は撮影できませんので、撮れる時に少しだけ撮らせて頂きました。

シャンミも7月4日(月)に無事退院して自宅にてお世話しています。
ただ、今は里親募集が難しい状況にあります。またご報告いたします。


それから、8月8日(月)に下半身に問題がある重症の猫ライチャを保護して只今治療のため病院に入院しております。
この子も大変な病気のため今後手術になりますが、今はとにかく命を助けるために、やれる限りの治療をしてあげたいと思います。

またいつか時間を取ってライチヤのご報告もいたします。
自宅保護はもう限界を超えてますので、ライチヤの今後の心配もしてます。
自宅は現在、退院したシャンミとフーが新たに加わって9匹になりました・・フーもこれから大きな手術をしますので通院中、
リンパ腫の癌治療をしているマンボ、そして甲状腺亢進症治療をしているチー坊、
それから口内炎治療のシロチン、そして好酸球菌の皮膚難病治療のアンなど、通院中の猫達が多く、高齢の猫達もいて
自宅は今とても難しい問題を抱えております。本当に息つく間がないお世話に追われています。
もう朝の7時になりました。では、今日はこの辺で・・。

皆様に温かく心のこもったご支援をして頂きまして、
多摩猫基金、支援物資など
猫達やおじさん達が大変助かっています。
本当にありがとうございます。
そして、
お陰様でなんとか、こうして可哀想な猫達の治療をして命を救うことができます。

本当に心から感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございます。

小西美智子

多摩ねこ日記~1102

2016.08.09

ファイル 1153-1.jpgファイル 1153-2.jpg

黒猫(♂・1歳半くらい)はすっかり元気に回復し、今日の薬を最後とすることにしました。暑さ厳しくてもそれなりによく食べたことも幸いしました。
曇っていた表情もすっきりした顔立ちになり、おぃちゃんの横に身を寄せて、今では何ごと無かったかのように穏やかにやり過ごしています。おぃちゃんにも喜んでもらえました。「ありがとうじゃぁ」と繰り返します。

今日の都内は38℃を超えたようです。河川敷はそれに加えて多湿なのでなんだか重苦しい空気感でした。
対岸に渡り、主が病気のために付近のおぃちゃんが面倒を見ている三毛猫のところに行ってみました。藪の奥深い場所にいる猫で、殆どそのおぃちゃん以外の人間の姿を見たことがないようで強い警戒心をもっています。
相棒のサビ柄の猫といっしょでしたが、慢性的にお腹を空かせていることもあり、今日は実によく食べていました。

多摩ねこ日記~1101

2016.08.07

ファイル 1151-1.jpgファイル 1151-2.jpg

黒猫はかなり元気をとり戻せました。今日のおぃちゃんの小屋の温度計は34℃、それでも食欲が保てているのが何より幸いなことです。まだ1歳半くらいと若さも手伝ってのことかも知れません。おぃちゃんは家庭菜園ならぬ多摩川菜園で半自給自足です。不揃いとはいえ立派なゴーヤやキュウリが実っていました。

支援物資をお渡しすするためにブナのおぃちゃんにも会いました。ブナは付近で釣りをする常連さんが来るのを待っていました。収穫があると幼いころから貰っているので、小魚の味を覚えているのです。しかし、釣り人は見えず、日曜日ということもあり、近くで遊ぶ子供達の甲高い声が気になって落ち着かない素ぶりでした。

多摩ねこ日記~1100

2016.08.04

ファイル 1150-1.jpgファイル 1150-2.jpg

欠かさず黒猫の具合を診ては投薬に通っています。比較的に素直に薬を受けつけてくれるので、それが何より助かっています。
ちゃんと食べ物も口に入っています。外は蒸し風呂のような暑さ、黒猫はおぃちゃんの小屋の中で安静に過ごしています。それでも壁に掛かった温度計は32℃を指していました。

かなり回復の兆しが見えてきましたが、体から完全に病気を抜きとるにはもうしばらく薬が必要なようです。

バークレイ&フウカのおぃちゃんにも会いました。おぃちゃんは多摩川の花火大会の日に日頃から親しくしている方々と食事会を予定しているそうです。多摩川で獲れた食材を利用してスッポン鍋や手長エビの天ぷら、アユの塩焼きなどを作ってふるまうのだそうです。フウカは留守でしたが、バークレイはおぃちゃんにベッタリと寄り添っています。首の周りに軽度の皮膚病が見てとれたので次回は薬を持参することにしました。

多摩ねこ日記~1099

2016.08.02

ファイル 1149-1.jpgファイル 1149-2.jpgファイル 1149-3.jpg

連日のゲリラ豪雨とカンカン照りの繰り返しでは荷物も多いので出かけるときの気配りに苦労します。しかし、それとは無関係に猫は待っているので、なにがあっても出かけるしかない訳です。

昨日の黒猫への投薬に行きました。猫もおぃちゃんもいないので、どうしたものかと思っているうちにおぃちゃんが帰って来ました。私が来る時間に黒猫が見当たらないので付近を捜していたようでした。でも、全く動くことができなかった猫の姿が見えないということはむしろ喜ぶべき事、なんて思っているうちに小屋の屋根の上からスットンと音を立てて降りてきたのです。

一昨日、昨日、今日と微妙な変化ですが、一日ごとに顔立ちがはっきりしていることが伝わってきます。
少しずつ覇気が戻りつつも濃い鼻水で完全に鼻は詰まっています。
強制的にフードや薬を口に入れる準備はしたのですが、鼻が利かない割には自力で食べれるまでになっていて、これには安心しました。投薬も簡単です。

おぃちゃんは「良かった良かった。ありがとじゃね」と手放しで喜んでいましたが、完治にはもうしばらく毎日薬を続け、その間はしっかりと食べさせないといけません。

激しい雨の後は裏を返したような強い日差し、これには参ったな・・と言わんばかりのイシマツ。
ミーも日影を選んで昼間はあまり動きません。

多摩ねこ日記~1098

2016.08.01

ファイル 1148-1.jpgファイル 1148-2.jpgファイル 1148-3.jpgファイル 1148-4.jpg

昨日の巡回中に具合の悪い猫と会いました。フードも水も一切摂れず、おぃちゃんによれば「一週間ほど動かない」ということでした。黒猫(名無し)は確かに前回会ったときとは随分と痩せ細っていました。もし、「一週間」というのが正確ならば危険な状態です。すぐに投薬を済ませて、様子見することにしました。

今日は様子を見て場合によっては入院させるつもりで準備して出かけました。昨日の薬の効果も猫の顔を一見してすぐに分かり、おぃちゃんに聞くと今日は少しフードを食べることができたようです。

しかし、多摩川のこの時期、得体の知れぬ感染症に侵されている可能性もあるかも知れないと念のため病院に搬送しました。幸いにも「投薬・その他の管理ができれば」という条件付きで入院の必要はなく、再び河川敷のおぃちゃんのもとに届けたのです。

黒猫は今日のところは元気な頃のように目がまん丸ではありません。丸顔だった顔も三角形に見えます。
おぃちゃんには猫への投薬は無理なので、しばらくは私が投薬・他に通うことにしたのです。元気に回復するまでは私の行動範囲はある程度狭くなりそうですが・・。

多摩ねこ日記~1097

2016.07.30

ファイル 1147-1.jpgファイル 1147-2.jpgファイル 1147-3.jpgファイル 1147-4.jpg

ミーのおぃちゃんを訪ねてみましたがおぃちゃんは留守でした。そして、いつもおぃちゃんが座っている椅子に鎮座していたのはミーでした。相変わらずこの時期になると鼻と耳を蚊に刺されます。出血すると余計に蚊が集まってくるので気の毒なことです。

訪ねる度に薬をするのが常ですが、それが追い付かないほどです。それ以外は健康そうなので次に移動しました。移動の途中でミーのおぃちゃんと会えました。仲間の方の小屋のドアの修繕をしていたのですが、おぃちゃんは前職の関係で土木・電気・建築関係の作業はお手のものなのです。

ハナ& アカリの所に着いたのは暗くなってからです。久々だったおぃちゃんもお元気そうです。以前もそうでしたが、アカリに向かって投石をする輩や、足で蹴飛ばそうとする女性(65歳)もいるようです。河川敷では人目がないと思えば誰がいつ猫たちに虐待をするのか予想も立たず、その時は一瞬にして起こるので油断はできません。

ページ移動