selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1816

2021.12.01

ファイル 1936-1.jpg

両耳が化膿しているシロ(♀)の治療に出向くも、関係者によるといつものハウスに昨日も帰って来ていないとの事。同じエリアにいるカナコ(♀)は居るけど、後ろ髪引かれる思いで河川敷を後に。後は関係者が夜になって捜索してくれるとのことでそれに期待。

多摩ねこ日記~1815

2021.11.28

ファイル 1935-1.jpgファイル 1935-2.jpgファイル 1935-3.jpgファイル 1935-4.jpg

トム(♀)が行方不明になったまま3ヶ月以上が過ぎたタマ達の所に行きました。2ヶ月くらい前からそれまでいた場所から移動して居ついたタケル(♂)も元気でした。
近寄れず触れずの猫ですが、本来は穏やかな性格の老猫です。おぃちゃんが苦笑いするほどの食欲らしくよく太っています。

タマもミーも変わりはないようで、人当たりの良いおぃちゃんの所には市街地からの来客がよくあります。今日は自転車に大根を積んだ96歳のおじいさんがやって来て、おぃちゃんにお裾分けをしていました。
昼間から冷たい北風がそばの竹やぶを吹き抜けるので、猫たちは寒がって全員が竹やぶの南側に集まっていました。

多摩ねこ日記~1814

2021.11.27

ファイル 1934-1.jpgファイル 1934-2.jpg

蚊に刺されたことが原因で患部がひどく化膿しているシロ(♀)の治療に電車と徒歩で現場まで足を運びました。しばらく待ってもいつもの場所に姿をありませんでしたが、そのうちに少し奥まった林の中から出て来ました。
明るいうちは少し離れた場所にいることが多いようですが、日没が近くなるとハウスのある場所まで戻って来ます。幸いにも日々の食欲は旺盛でそれだけでも随分と安心です。

誰もが触れない猫とはいえ投薬はスムーズに済ませることができました。この先は毎日一回の薬を続けながら様子を見ていくことになりました。
多摩川の朝は5℃前後、体感温度はもっと冷えます。今までシロのハウスには使い捨てカイロはなかったとこ事なので来週早々にまとめて持参の予定です。

多摩ねこ日記~1813

2021.11.23

ファイル 1933-1.jpgファイル 1933-2.jpgファイル 1933-3.jpgファイル 1933-4.jpg

ラビ(♂)が急死して5日目です。仲間のぺケやハコはどうしているかと電車と徒歩で現地を回り、その最後にラビがいた所に着きました。ぺケは風が冷たいからか、温かいハウスの中に入ったままで私がいるときに出てくることはありませんでした。

ラビと仲の良かったハコは心なしか元気なく寂しがっているようにも映りました。やはり、ラビがいなくなってこれまでとは雰囲気が違うのでそんな事を察しているようでもありました。

ラビはお世話をされている方のお家の庭に埋葬されています。でも、多摩川に長くいたので河川敷にも花が手向けてあります。ここに来る関係者の方は毎日ここで手を合わせているそうです。

多摩ねこ日記~1812

2021.11.21

ファイル 1932-1.jpgファイル 1932-2.jpg

おぃちゃん達に届け物などがあったので支援回りに自転車を走らせました。例年、初霜というのは南関東では12月下旬頃とされていますが、多摩川では一ヶ月早い今のこの時期にすでに朝は霜が降りています。猫も人も少しでも温かい思いができるよう、敷物や猫クッション・厚手の肌着・他をお配りしました。

途中に立ち寄った所ではフウカ(♀)も元気な姿を見せてくれました。付近の猫が近寄るとテリトリーを守るために果敢に立ち向かうフウカですが、普段は本当に静かで穏やか、手のかからない猫です。

おぃちゃんは「いい正月が迎えられるように」と仕事に励んで多摩川を留守にすることが多くなったようです。
今日の河原は寒いので、私に気遣って手作りのストーブに火を点けてくれました。この小さなストーブがなかなかの優れ物で熱効率が良くてとても温かいのです。
そのうちに日没を迎えると河川敷はぐっと冷えます。猫も人も寒さが堪える季節になりました。

多摩ねこ日記~1811

2021.11.18

ファイル 1931-1.jpgファイル 1931-2.jpgファイル 1931-3.jpgファイル 1931-4.jpg

自転車で約25 kmほど、普段はあまり行かない場所も含めて移動しつつ河川敷を巡回しました。猫だけに関わらずおぃちゃん達の営みにも場所とかその様子に変化があることもあるので不定期に河川敷全体を見て回ることもあります。

その最後にトラ&チビ&ポンの所にたどり着きました。トラは最近とみに太ってきたようです。おぃちゃんはどの猫にも欠かさず運動をさせるようにして、その後は熱心にブラッシングを施します。
使用するブラシも何種類かを揃えては試しながら「このブラシは値段の割には役に立たない」とか「これは肌触りがよさそうで優れもの」などと説明してくれます。
寒くなったので、猫は小屋の中でぐっすりと眠ることが多くなっていますが、それでも私がお邪魔すると眠そうな目をしたまま近寄って来ます。
帰り際、おぃちゃんにはご支援で頂いた猫クッションをお渡しして河川敷を後にしました。

当ブログでこれまで何度も登場していたラビ(♂)が本日午前7時15分に永眠しました。普段どおりに食事を終えたその30分後に突然体の自由が利かなくなり、そのまま関係者に看取られて息を引き取りました。
急死です。
私はその様子を電話で伺いましたが、これまで何ら病気などの兆候はなかったので、突然心臓が停止したのかも知れません ? 背中にウサギの模様があったので、ラビット→「ラビ」と名付けられました。10年間本当によく頑張りました。

多摩ねこ日記~1810

2021.11.17

ファイル 1930-1.jpgファイル 1930-2.jpg

クロクロ達がいる場所にも立ち寄りました。肌寒い気温からか河川敷の人出が少なめでその分は猫たちは落ち着いていました。いつも対岸から散歩がてら猫に会いに来る老夫婦や近所から通ってくる人などが猫に挨拶をしてはそこで3~10分の時間を過ごしては去って行きます。

今日の猫はいっせいに集まることなく、それぞれが勝手気ままに姿を見せて給餌を終えました。普段なら食べるとそそくさと姿を消すオテンバ(♀)も周囲の人間が少ないことから長い時間のんびりとやり過ごしていました。

不明になっていた仲間の猫のキン(♂)はその後どうなったかと立ち寄りましたが、今日で行方不明17日目です。

多摩ねこ日記~1809

2021.11.15

ファイル 1928-1.jpgファイル 1928-2.jpg

中流域のフク & ホニョの所に行きました。2匹の猫や周辺の他の猫たちに変わりはありませんでした。

しかし、先週の10㈬から付近のホームレスの方々に対する襲撃が続いているようです。ある方は夜9時頃に小屋のドアを連続してドンドンと大きな音を立てて叩かれたり、あたり構わず投石されて危険な目に合っています。
また、別の方では留守中に住まいとしていたテントを使い物にならないほどに壊され、止めていた自転車も壊されてしまったそうです。

夜な夜なグループで行動している彼らはいつも大量のロケット花火を所有して河川敷を移動している様子です。

ある時は夜9時頃、またある時は夕方6時頃だったりするようです。辺りは街路灯もなく暗いために犯人像ははっきり分からないものの、小学生の集団のようです。
なかでも一人のおぃちゃんが犯人の顔を目撃したようで、それによると小学6年生を含んだ複数の人数でその中に外国籍の少年も混じっているとの事でした。

勿論、これまでに警察に通報したそうですが、到着までに30~40分かかってしまうので、その間に姿を消してしまうのだそうです。
今夜も周辺に暮らすおぃちゃん、おばちゃん達は警戒しながら夜を過ごすことになります。

多摩ねこ日記~1808

2021.11.14

ファイル 1927-1.jpgファイル 1927-2.jpgファイル 1927-3.jpgファイル 1927-4.jpg

同じような区域の河川敷の林の中にいる2匹のパンダ(♂・♀)も変わらず元気に過ごしていました。普段はその姿を見ることは余りありませんが、関係している方たちが訪れると、それを待っているだけにすぐに現れます。

最近はパンダ・他の周辺の猫たちにとっても不都合な出来事や悪戯もなく、幸いなことに平穏な日々が続いている様子です。
この時期になり、夜が長くなるので河川敷の寒さも一段と厳しくなってきました。
2匹のパンダも例外にもれずにここにきて体に脂肪を蓄えてひと頃よりは体形が丸く感じます。

我が家のカミさんも変わらず慌ただしい毎日を過ごしています。現場と病院、深夜まで保護ねこへの投薬・清掃などのケアが続きます。
保護ねこアイヨ(♀)は腫瘍の除去手術を終えて、術後服を身につけたままいったん退院しました(医療費¥50.000)。 また後日に経過を診てもらいに病院に行きます。

カレンダー販売について

2021.11.12

★10月19日以降~11月9日までにご注文メールを頂いている方については大変に恐縮ですが 11月18日㈭ 24;00 までにご入金をお願い致します。
ご入金を確認できなかった方については例年どおりキャンセルと判断させて頂きます。

※ 今後、キャンセル分が発生した場合は再び当ブログにて再販のお知らせを致します。

ページ移動