selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1697

2021.02.14

ファイル 1801-1.jpgファイル 1801-2.jpgファイル 1801-3.jpgファイル 1801-4.jpg

クロクロ達がいる所に使い捨てカイロや日用品を届けました。変わらず元気に暮らしているようです。ただ、この場所にいたシロクロ(♀)とキン(♂)はここしばらくは見ていません。

聞くところによると2匹は約100 m ほど離れた場所にいつもいるようで、給餌の時間になっても出て来なくなったようです。特に他の猫との相性が悪い訳でもなく、昔からずっとそばで暮らしていた猫だけに関係者も不思議に思っています。
私が思うにはシロクロとキンがいる場所はこんもりと木が茂っていて、ノーリードで散歩中の犬などに追われたときなどに2匹にとってはある程度安心していられるからではないでしょうか。
24時間、見張っている訳にもいかず、人目が届かない時間帯に何が起こっても不思議のないのが河川敷ですから。

数 km 移動してバークレイ&フウカのおぃちゃんにもお届け物をお渡しました。おぃちゃんはフウカの茶色の目ヤニを拭いてやっていましたが、これは慢性なので治りません。
猫の話をしているうちに、いつも散歩で立ち寄ってくれる近所の小型犬のクー(♂)がやって来ました。
バークレイもフウカも散歩する犬の個体差をはっきりと覚えていますので、クーが危険な犬ではないことをよく知っています。

さらに移動して猫たちの様子見をしていたときに河川敷に生きるタヌキがひょっこりと姿を見せました。疥癬に侵されてもいなくて健康そうに見えました。

我が家のカミさんも日々変わらずです。
先日、長年の間に犬に追われて痛めていた足が悪化して治療入院させている猫のお見舞い(様子見)をしてきたようです。入院はしばらく長引くのかも知れません。

多摩ねこ日記~1696

2021.02.11

ファイル 1800-1.jpgファイル 1800-2.jpg

支援回りの途中にイシマツ(♂)にも会えました。テントの中でおぃちゃんと過ごしていたのですが、私が来たことによって外の西日が意外と暖かいことに気付いたのか、その後のイシマツはずっと外でこの時期は貴重な日差しを気持ち良さそうに浴びておりました。
しかし、それも河川敷では限られた短い時間で、おぃちゃんと話しているうちに急に冷たい北風が吹いて震える寒さに変わりました。

薄暗くなった頃にニコ(♂)のいる所に着きました。おぃちゃんは約10 km ほど離れた地区でアルミ缶を集めて帰ったばかりでした。それをすぐに10数km 離れた場所までそれを売りに行くとの事でした。そんな訳で私も支援物資をお渡しして足早に次に移動したのです。

我が家のカミさんも相変わらずです。いろいろと猫に対して嫌がらせなどをする人たちもいて憤りを感じることの多い日々のようです。
足を痛めて歩行がままならない猫を捕獲して病院に搬送しました。この猫は同じ原因でもう何度か治療入院を繰り返している猫です。以前にも書いたことがありますが、長年に渡って犬に追われることがあって、高い場所から飛び降りたりした際に足を痛めて、それが今となっては重い持病のようになっているのです。

犬の飼い主のすべてが普通に善良な方ばかりならこんな事にはならないのですが、現実はそうではないので、どうしても弱者に負担がかかり苦しむことになるのです。

多摩ねこ日記~1695

2021.02.07

ファイル 1799-1.jpgファイル 1799-2.jpg

巡回の途中、レオ(♂)のいる所にも立ち寄りました。選好みなく何でもよく食べているようで立派な巨体ですが、辺りのほぼ垂直な木に登ってみたりと見た目よりはずっと身軽です。
先日は食器の中に捕獲したネズミが入っていたそうで、おぃちゃんの留守中でもそれなりに動き回っているようです。
ともあれ、しっかりと見守って下さっている方がいるので、その点では安心です。

しばらく移動してゴン(♂)にも会えました。すでにたっぷりとご飯をもらっているにも関わらずクロ(♂)の餌場までやって来ておこぼれを狙っていました。
いぶかしい表情にも独特の愛嬌を感じさせてくれる猫ですが、変わりなく過ごしていることに安心させられます。

ハナ&アカリのおぃちゃんを訪ねてみましたが、タイミングが合わずに留守で猫の姿も見えませんでした。

多摩ねこ日記~1694

2021.02.04

ファイル 1798-1.jpgファイル 1798-2.jpgファイル 1798-3.jpgファイル 1798-4.jpg

パンダ・他の猫たちの所にも立ち寄りました。日の射すあいだは風さえなければ暖かく感じることもあるのですが、少しずつ夕刻が近づくにつれガタガタと階段をすべり落ちるように寒さが増してきます。
パンダも五体不満足なタマも日差しを追いかけながら移動してこれからの寒い夜に備えているように見えました。
クーも今日は久々に元気な姿を見ることができて安心しました。しかし、ここはたまたま犬の散歩の通路にもなっているので、次々とやって来る犬が通過するたびに一時避難をしなければならないので、猫たちも大変です。

約1時間余り自転車で走り、先日飼い犬を猫に仕向けられたという我が家のカミさんの所に立ち寄ってみました。それぞれの猫の都合で姿を見せては給餌を繰り返します。途中、何匹もの犬が通り過ぎるのですが、躾が行き届いている犬は猫の姿を見ても我関せずで散歩を楽しんでいるので何の問題もありません。

日没も間近になり、私は犬の散歩をする人も少なくなったので次に予定していた移動先に向かったのです。
その約10分後に例の犬を仕掛けた70歳前後の男が現場を通りがかったと連絡が入りました。幸いにもたまたまその時はヒメ(♀)・他のすべての猫が食べ終えた後だったので良かったのですが、ちょっとしたタイミングでまた先日と同様のことを面白がって繰り返す飼い主なので毎日の警戒が必要です。

多摩ねこ日記~1693

2021.02.01

ファイル 1797-1.jpgファイル 1797-2.jpgファイル 1797-3.jpgファイル 1797-4.jpg

予定にはなかったのですが、道すがら猫をこよなく可愛がっているおぃちゃんの所を伺いました。かねてから捨てられた猫が藪の中に潜んでいるようで、数日に一度くらい姿を見せることがあると聞いていたので、無意識のうちにその事が気になっていたから立ち寄ったのでしょう。

おぃちゃんとはいつものように世間話をしていました。そのときです。その茶白猫がすぐそばの藪から顔だけ出してこちらを伺っていたのです。
おぃちゃんはすぐに缶詰を開けて与えました。若い猫ですが相当な警戒心もあってすぐに隠れてしまいます。それでもかなり飢えていて、むしゃぶりつくように食べ始めました。
ここ数日間は何も食べていない様子でした。結局、2缶分を平らげるといそいそとまた藪の中に消えてしまったのです。少しずつ慣れさせて捕獲できれば良いなー、とおぃちゃんは言います。

移動して他の所に寄った後で我が家のカミさんが世話をしている場所に行ってみました。一昨日、初老の男性が飼い犬を故意に猫に近づけるという事があったことが立ち寄った理由です。

犬も躾がなされていないので、猫さえみれば必死に襲う体制にはいるのです。そうしたときにリードこそ外さないものの、リードを引いて止めるのではなく、面白がって犬の勢いにまかせてどんどん猫に近づけてくるので猫にとっては危険です。
過去には犬にやられて命をなくした猫もその現場で何度か目にしています。
日没後過ぎてもその男性と飼い犬とは会いませんでしたが、必ず待っているという猫3匹が出てこないままだったので、カミさんが来る前に飼い犬を連れて来たのかも知れません。
そんな人間がこの場所には4~5人いるようで困った事です。

多摩ねこ日記~1692

2021.01.30

ファイル 1795-1.jpgファイル 1795-2.jpgファイル 1795-3.jpgファイル 1795-4.jpg

フウカ(♀)はおぃちゃん共々穏やかに過ごしていました。去年12月のおぃちゃんは仕事に忙しくしていましたが、コロナの影響や季節的な要因で年明けからはさっぱりと仕事の依頼が途切れてしまったようです。
しかし、常に体を動かして将来の展望を頭に描いているおぃちゃんは立派だと思います。バークレイ(♂)もおっとり静かにやり過ごしていました。

いつも飄々(ひょうひょう)としたポンも相変わらずでした。寒さが苦手で小屋の中にこもっているポンが珍しく外に出てきましたが、やはりすぐに Uターンしてしまいました。

しばし移動してパンダ(♀)にも遭遇しました。夜はかなりの寒さですが、そばにある茂みの中の空小屋のそばで冷たい北風を凌いでいるようです。

多摩ねこ日記~1691

2021.01.25

ファイル 1794-1.jpgファイル 1794-2.jpg

多摩川河川敷で26年間を生き抜き、2019年5月に保護→我が家の飼い猫となったミータン(元,多摩川では,ミケ)。先日も耳の中の雑菌治療でしばらく通院・投薬をしていましたがお蔭さまで完治。現在、27歳のミータンの場合、保護した当日から日一日が命そのものからの葛藤だったように思えるのが私自身の想いです。
日々、明日死んでも不思議はないと毎日思ってきました。
体の動きも、精神的な部分も、もはや健常なとはほど遠いものがあります。しかし、食欲はそれなりに旺盛です。
・・・今年5月になると28歳ということになりますが、そこまで生きていけるのか ?
私としては極めて稀有な存在であった我が子レンマ(♂)の分まで生きているのだろうと、勝手に以前からそう思っているのです。

「後姿の当時のミケとレンマのツーショット」

多摩ねこ日記~1690

2021.01.21

ファイル 1793-1.jpgファイル 1793-2.jpgファイル 1793-3.jpg

チビ&シロのおぃちゃんを訪ねました。気の合う仲間との談笑中でしたが、その中で4日前にシロとタヌキが遊んでいたという光景を間近で見たとのことでした。真昼間の11時頃のことだったそうですが、そばでどちらともなく近づいたり寄り添ったりで、とても面白かった(興味深かった)そうです。

「そういう時に来なきゃダメだよ」と、おぃちゃんは笑いますが、そうタイミング良くいくものではありません。いつかそうした様子が見れれば幸いです。
今日は(前回も)そのシロとは会えませんでしたが、相棒のチビがいかにも眠そうに佇んでいました。

移動してトボケミケ(♀)の所に立ち寄ってみました。ある程度の歳なので、健気にゆっくりとそして健康です。河川敷の木漏れ日を静かに楽しんでいました。

★ (河川敷の石標は猫がいる場所を示しているものではありません)

多摩ねこ日記~1689

2021.01.19

ファイル 1792-1.jpgファイル 1792-2.jpg

タマ &トム &ミケのおぃちゃんに会いました。猫共々元気な様子でした。おぃちゃんはいつもそれぞれの猫の仕草や特徴などを面白おかしく早口で説明するのが楽しみのようです。いろいろとご苦労もあるはずなのに、この寒空の下でいつも笑顔を絶やさないというのは尊敬に値する思いです。

ニコの所にも立ち寄りました。
昨年12月中旬、ある日突然に河川敷の工事関係者からその作業のために立ち退きを強いられました。通達は工事の2週間前~2ヶ月前くらいにされるのが通例ですが、工事はいきなりその翌日から始まり、2台の大型の重機が稼働しはじめたのです。

しばらくしておぃちゃんはいったん小屋を片付けて移動先に移しました。ニコにとっては場所が変われば落ち着けません。それを思った我が家のカミさんは毎日ニコの所でおやつを食べさせたりして時間を過ごし、その場所が「落ち着けるニコの場所」だということを認識させました。
小屋の移動から約一ヶ月が過ぎた今ではニコはすっかり落ち着いておぃちゃんと過ごしています。

多摩ねこ日記~1688

2021.01.17

ファイル 1791-1.jpgファイル 1791-2.jpgファイル 1791-3.jpgファイル 1791-4.jpg

ここ最近はヒデ(♀)のいる所をよく通りがかります。人によってヒデの推定年齢は異なるのですが、16~19歳のあいだを推移しています。私が見た感じではその動きの様子から17~18歳くらいに感じますが、確かな年齢は不詳のままです。しかし、今現在では多摩川では最長老だと思っています。
食欲もあり、普段と変わらぬ日々を過ごしています。

レオ(♂)も大柄ながらそれに似合わないくらいに細い声で甘えて、相変わらず人恋しい猫です。いつもしっかりと見守って下さるおぃちゃんのお蔭で日々安心して暮らしているようです。

少しは日が長くなりましたが、ハナ&アカリのおぃちゃんの所に着いたときは、すでに足元が見えないくらいに真っ暗になっていました。冷たい川風が身に沁みます。
慎重な性格のハナ(♀)はいましたが、対照的に行動派のアカリ(♀)はどこかに出かけたままのようで、私がいる間は帰っては来ませんでした。

ページ移動