selling drugs

speed 40000yen/g

420 7000yen/g

twitter https://twitter.com/nobnobo6


記事一覧

多摩ねこ日記~1884

2022.05.10

ファイル 2010-1.jpgファイル 2010-2.jpg

五体不満足なタマ(♀)にも会えました。今日は早い時間から草むらを日陰にして給餌を待っていました。雑草が伸びてきた今の季節だからこそで、草が伸びない寒い時期にはいつも別の場所に身を隠していました。

全身の運動機能に障がいがあるために、器に入れただけのフードでは実質タマの口には入らず殆ど食器の外にこぼしてしまいます。そんな訳で一口ずつスプーンで口に運んでやります。

そのときどきの気分でハエや蝶が飛んでくると、それに嫌気がさしてそのまま食べずに引っ込んでしまうこともあるタマですが、今日は介助のお蔭もあってしっかりと食べることができました。

近場にいるチビ(♀)やパンダ(♀)も変わりなく過ごしていました。

多摩ねこ日記~1883

2022.05.08

ファイル 2009-1.jpgファイル 2009-2.jpg

健康を気遣ってダイエットのための食事制限をされているケンタ(♂)のその効果にはなかなかの時間がかかりそうです。多少小腹が空くこともあるようですが、もうしばらくの我慢が必要のようです。しかし、誰も見ていないうちに通行人のどなたかにこっそり食べ物をもらっているのかも知れません。
今日は仲間の猫と共に暖かい日差しを満喫していましたが、雲行きは急に暗転して肌寒い風に変わり今にも雨が降りそうな天候へと変わりました。

シャトン(♂)はときどきこの場所に来るという女子高生のそばでまどろんでいました。身近に信用のおける人間がいると安心できるようで、それなりに人通りがあっても眠りこけてしまいました。多摩川の猫としては少々珍しいことだと思います。

多摩川のどの地域の猫も今日という一日がなんとか無事に過ごせていればそれなりには安心してしまいますが、そうばかりではない現実も多々あるので人間による弊害については常に私の頭を離れることはありません。

多摩ねこ日記~1882

2022.05.05

ファイル 2007-1.jpgファイル 2007-2.jpg

ムギ(♀)がいる所にも立ち寄りました。7~8匹の仲間の猫の中で紅一点のムギはこの中ではいちばんの古株でもあります。詳細は不明ですが、もうかなりの年齢になると思えます。
危険なことも数々経験してきているので、関係者の方々には気を許しますが馴染みの薄い人間には絶妙な警戒心をあらわにします。

暖かい季節になってどの地域の河川敷も人出が倍増してきました。ムギは行きかう人々を感知しながら微妙にその距離をとって暮らしています。

穏やかな性格のチャチャ(♂)も姿を見せない日があって皆に心配をかけましたが、何事もなかったようで今日は他の猫に少し遅れをとって姿を見せました。
複数の方が見守っていることと、周辺の方たちの理解もあって昔と比べれば随分と安心の度合いが高まっていると思います。

多摩ねこ日記~1881

2022.05.04

ファイル 2006-1.jpgファイル 2006-2.jpg

お届け物を配りつつイシマツ(♂)の所にも寄りました。おぃちゃんは昨日の仕事が長引いたようで少々お疲れの様子でした。でも、今日はその分ゆっくりとイシマツと共に過ごしていたようです。

そばの竹やぶからはガサガサと絶え間なく音が聞こえます。誰かかれかが潜り混んでタケノコを掘り起こしているのだと笑います。今日は珍しくイシマツがテントの外に出てきてしばらくは陽だまりの中で過ごしていました。変わりがなく何よりでした。

対岸のオテンバ(♀)は必ずしも見ることのできない猫ですが、今日は食後にお気に入りの草むらの陰に埋まってまどろんでいました。しかし、オテンバらしくいつの間にかその姿は消えていました。

連休ということもあって河川敷はどの地域も人出が多く、本日予定していた場所の猫の姿はその多くを見ることができませんでした。ただ、フードが不足している所にはお渡ししたり、困っているおぃちゃん達には食品・他を差し上げて回りました。

多摩ねこ日記~1880

2022.05.03

ファイル 2005-1.jpgファイル 2005-2.jpgファイル 2005-3.jpgファイル 2005-4.jpg

ガツコ(♀)の様子を伺いました。昨年末頃からのサプリメントによる効き目で目ヤニはかなり収まっていますが、若干は気温差などによって日により出ることもあるようです。でも、これはある程度の慢性の部分もあるのでしょう。
ともあれ元気に過ごしていてまた少し太って映りました。

ぺケ(♀)&ハコ(♀)の所に移動しました。珍しくもたまに市街地からやって来るハナグロ(♂)の姿が見えましたが、また一瞬にして草むらに消えてしまいました。
この場所で昨年からある嫌がらせはまた今年も4月上旬からときどき起きています。

そんな訳でホームセンターで調達してきた資材で手作りの「監視カメラあり」の看板を立ててみました。1~2度は壊されるかも知れませんが、また今後もその様子を見ることにしました。

多摩ねこ日記~1879

2022.05.02

ファイル 2004-1.jpgファイル 2004-2.jpg

中流域のボランティアの方に猫用の薬と猫フードをお渡しした後に途中下車してマークン(♂)のいる所に立ち寄りました。ちょうど午後の第二便の給餌の時間でした。

お腹かが空いているようで妙にそわそわしながら出て来た割には小食でした。先の給餌でしっかりと食べ物を貰えたようでした。相変わらずメス猫の後を追うのでマークンの顔には小さな傷がたくさんあります。ともあれ、それなりに元気そうで今日のところは何よりです。

いつの間にか藪の中からこちらを覗いていた物静かな雰囲気で陰の薄く感じるパンダ2(♀)ですが、そそくさと食べ終えるとまたいつの間にか草むらに消えていきます。
それでも、まめに姿を見せるので食べはぐれることはないそうです。小柄ですが欲求があるときは元気な鳴き声でアピールをします。

欲しいものリスト

2022.05.01

ファイル 2008-1.jpg

まれに多摩川の猫たちのために何か役立つ物はありますか ? というご質問を頂くことがあります。// 皆さまのご厚意よりご支援を頂き心より感謝申し上げます。

------------------------------------------------------------
★フード (2022年6月28日現在)

1, 銀のスプーン缶
2, 純缶 (しらす入りまぐろ)
3, チャオ高齢猫用(かつお&おかか)
4, チャオ    (とりささみ&ほたて貝柱)
5, チャオとろみ缶 (とろみ缶なら種類はなんでも)


※上記のフードを多少に関わらずご支援いただければ幸いです。
いつもお願いばかりですみません。
------------------------------------------------------------
☆『猫用の敷物,介護の必要な猫用の布類・キャリーケースなど』
上記に記入のない物品は現在はストックがあるために今は特に必要はありません。
医薬品・サプリメントなどは必要な物を必要な量だけ購入しておりますので必要ありません。

-----------------------------------------------------------
宅配便での時間指定は12~14:00でお願い致します。ヤマト運輸の場合は12~14:00を廃止していますので、14:00~16:00の指定でお願い致します。
(※ 午前中の指定は避けて下さい)


〒211-0068
神奈川県 川崎市 中原区 小杉御殿町2-111 はなぶさ館 201
小西 修 (090-8584-5172)

多摩ねこ日記~1878

2022.04.28

ファイル 2003-1.jpgファイル 2003-2.jpg

ケンタ(♂)達がいる地域に向かいました。給餌の時間には我先にと姿を見せたケンタですが、ケンタの健康を考えて今はフードの量を制限されています。小腹が空くこともあるでしょうがもう少し減量できるまでは少々の我慢です。

遅れて出て来たフーサバ(♂)は今日はいつもより大人しく感じました。まれに思い立ったように他の猫に手を出すこともあるので煙たがられることもあるのですが物静かでした。

ここでは時間帯を変えて見守る方々もそれぞれなので、ずっと以前のように猫に対する嫌がらせのような出来事がなくなったようです。また、この時期は雑草も伸びて猫が身を隠す場所も多くなり、仮に台風での増水時でも高所なためにその心配がありません。

多摩ねこ日記~1877

2022.04.25

ファイル 2002-1.jpgファイル 2002-2.jpg

トラ(♀)やマダラ(♀)他がいる所に立ち寄りました。トラは相変わらずこれといった気になる事もないはずなのに、四六時中そわそわと行ったり来たり、食べては隠れてまた右に左にと小走りに動き回っています。多摩川でこんなに忙しそうに動く猫は他にいないと思うほどです。

ともあれ、以前のように猫に悪戯をするような人も最近はいないとの事でしたが、少しずつ暖かい季節になってくると不審と思える人も出て来ているようで、これは大体多摩川のどの地域でもそうした傾向があるようです。
多摩川の他の地域でも嫌がらせやそれに類似した行為をする者も現れはじめているので何かと情報を交換したり注意喚起が必要です。

周辺のおぃちゃん達には猫フードとお弁当&飲み物をお渡ししながら移動しました。

多摩ねこ日記~1876

2022.04.23

ファイル 2001-1.jpgファイル 2001-2.jpg

中流域のとあるボランティアさんに猫フードとフロントラインをお届けして、その後は徒歩で数Km 移動してナミ(♀)達がいる所に着きました。
丁度、午後の第一便の給餌の方が見えたところでした。ナミも変わりなく過ごしているとの事でした。
辺りは一雨ごとに雑草がぐんぐん伸びて、猫にとってはちょうど良い目隠しになりつつつありますが、所によっては必要ないと思えるような場所での草刈が行われていて、その理由を理解することができませんでした。

トラ(♀)は少々相性の悪いゴン(♂)が来ることのない川べりの草むらでやり過ごしていました。今日はほんの少しだけ食べてからまた草むらに潜り込んでしまいました。
トラには毎日早朝と午後に河川敷に来て見守ってくれる年配の方がいるのですが、今日は珍しくその姿が見えませんでした。
辺りの他の猫も今は特に病気になったりした猫もいないようで、取り合えずまた日にちを置いてからこの場所には立ち寄る予定です。

ページ移動